「筋膜」という言葉を聞いてピンとくる?30人に聞いてみたパッと浮かぶものは何?

投稿日:

雑記

整体院さんと一緒にお仕事するようになってからもう1年以上が経ちました。今年からは一緒にお仕事させて頂く整体院さんが新たに2つ増えたので、僕の中で身体のことと向き合う時間、身体のことについて調べる時間というのが以前よりもだいぶ割合高めなものになってきました。
 
今回は「筋膜」という言葉について。

グーグルで「筋膜 整体院」というワードで検索してみると、筋膜という言葉を売り文句にした整体院さんがけっこう出てくるんですよ。
 
「筋膜整体法」「ソフト筋膜整体」「筋膜リリース整体」「筋膜クリッピング療法」
 
など。
 
最近では、メディアなどで筋膜という言葉がキーワードとして取り上げられることが増えてるので、以前よりは少なくとも言葉だけなら一般にも浸透してきたのかなとは思います。
 
 

そもそも筋膜という言葉は一般レベルで浸透しているのか?という疑問

ただ、僕の場合は仕事として整体院さんとよく絡んでいて、だから筋膜という言葉も業界用語として知っているし、上に挙げたような売り文句をみれば「筋膜にアプローチすることを売りにしているお店なんだな」「筋膜の調整をしてくれるんだな」ってイメージがつくようになりましたが。
 
でも整体院さんと一緒にお仕事する以前の段階では筋膜なんて言葉を聞いてもピンとこなかったんです。
 
だから、もし僕が仕事として整体院さんと全く絡みがない状態で、例えば身体のどこかが痛くなって近所の整体院さんを検索してみたところ、やたらと筋膜へのアプローチというのを売り文句としておされたとしても、ピンとこないものが僕にはあったんですよね。
 
なぜならば筋膜という「部位?」のことを全く知らないから。自分が抱える痛みに(例えば首痛)その筋膜が影響しているのか?なんて、整体院さんとのお付き合いがなかったとしたら、僕は筋膜という言葉からイメージできるものがないから、まるでわからないですしね。
 
ピンとこない以上は施術を受けてみようと思う可能性も恐らく低いでしょう。
 
ウェブ制作の話に例えるとしたら、そういうことに詳しくない制作を依頼する側が「HTML5」とか「CSS3」とかおされたとしても全くピンとこないと思うんですけど、それと同じなんじゃないかな?という意味です。
 
筋膜にアプローチすることでどういう治療ができるのか?HTML5で作ることでどんなサイトができるのか?
 
消費者側からすればわからないことですよね。
 
どっか痛い時に筋膜というものにフォーカスして整体院を探せる人って僕の中ではプロ市民です笑
 
どちらかと言えば、同業者や競合のほうがそういうワードを使って他店舗を調べようとすることのほうが多いんじゃないかなと?
 
ただ、お店側とすれば自分たちの特色をしっかり出していきたいし、筋膜へのアプローチが得意だって人からすればやはりそこは外せないわけで筋膜という言葉を使わないという選択肢はないんですが。
 
じゃあ自分たちの発信をみてもらうことで筋膜とはなんぞや?というのが、消費者にちゃんとわかるような発信にしていきたいというのがあります。
 
ということで、今回はまず「筋膜なんて言われても一般的にはあまりピンとこないんじゃないか?」という仮説に対して白黒ハッキリつけようと思ったので、ミルトークを使って30人に対し筋膜という言葉に対する意識調査を実施してみました。
 
 
※ミルトークについては以前書いた記事でどんなサービスなのか紹介しています

今更ながら使ってみたミルトークが便利だと思ったので紹介する -気軽に定性的なアンケートができるサービス-

僕はアンケート調査みたいなことがけっこう好きで、実施するのも受けるのもけっこう好きで、何かわからないことがあった時に読め ...

続きを見る


 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

「筋膜」という言葉を聞いてパッと浮かぶものは何でしょうか?或いはいまいちピンとこないでしょうか?

ミルトークは無料で生活者にアイデアや意見を求められる、要はアンケートが簡単にできるサービスです。
 
そのサービスを使って見出しに書いた通り、「筋膜という言葉を聞いてパッと浮かぶものは何でしょうか?或いはいまいちピンとこないでしょうか?」という質問を出してみました。
 
ここからはその質問に対して寄せられた30件の回答を全公開していきます。
 
 

その質問に対して寄せられた回答

協力:ミルトーク
 
男性16名 女性14名 の 合計30名 から寄せられた回答です。
 

40代 男性
筋膜炎。テニスプレーヤーによくある症状。自分もなった事がある。何故かさまぁ~ずの大竹さんもなった。

 
20代 男性
ピンとこない。筋肉の外側についている膜かな。

 
40代 男性
筋肉の膜 目の筋肉

 
40代 男性
いまいちピント来ません。

 
50代 男性
筋肉や内臓を包む膜だと思います。

 
40代 男性
なんのことかわかりません。

 
30代 男性
ピンとこない

 
40代 女性
足低筋膜炎。足の裏が痛くなる。主人がなった事がある症状だから

 
30代 女性
横隔膜?という言葉を知っているので思い浮かびました。肺などの内臓の周りを膜のように覆っている筋肉なのだと思います。

 
30代 女性
筋肉に関することだとは思うけどわからない

 
20代 男性
筋肉の周りの膜なんだろうけれど、いまいちイメージできない。

 
70代 女性
筋肉を覆う膜とか?

 
40代 男性
筋肉を覆っている膜

 
50代 女性
筋肉を覆う膜?

 
40代 女性
わかりません。横隔膜?とか?

 
60代 男性
筋肉を包む膜、体全体を包む膜

 
50代 男性
筋肉を包んでいる膜。あまりピンときません。

 
30代 女性
筋膜はがし

 
50代 男性
筋膜炎というの聞く

 
60代 男性
筋膜体操

 
50代 女性
筋肉を覆う膜

 
50代 男性
筋肉を包む膜。

 
30代 女性
鶏肉についてる膜

 
60代 男性
筋肉を覆う膜だと思いますが

 
30代 女性
筋膜はがし

 
20代 女性
ぴんとこな

 
30代 女性
よく分からないのでピンときません。

 
40代 女性
腹膜炎を思い浮かべましたが、改めて考えてみたら、腹膜ってどこにあるんだろう?

 
40代 男性
初めて聞いたので、ピンときません

 
30代 女性
横隔膜

 
 

おわりに

筋膜というのは僕も専門ではないのでそこまで詳しく語ることはできないんですが、全身の筋肉全体を覆う薄い膜のこと。役割としては筋肉伸ばしたり広げたりする動きを補助し、筋肉の形状を保ってくれます。また、内臓の位置を固定する役割も果たしてくれているので実はけっこう重要な組織です。
 
今回実施したアンケートでは、1/3の人が「わからない」「ピンとこない」といった回答でした。文字通り「筋肉の膜」と答えてくれた方はけっこういましたが、具体的な症状にまで言及した回答は4件と、やはり筋膜という言葉だけではちょっと漠然としてる感はあります。
 
なので、筋膜へのアプローチを売り文句として情報発信していくにあたっては、筋膜が慢性的な肩こりや腰痛の原因になっている場合があることや、原因になっている場合の状況としては、筋膜という組織は柔らかいがゆえに縮んたり絡まったりする、つまり捻じれのようなものが肩こりや腰痛の原因となる場合があること。
 
こういった背景の説明まで(上に書いた素人の解説なんかよりももっとわかりやすく)しっかりと伝えていくことの必要性を、腕の良い整体師さん・技術者さんの技術や知識を発信するサポートをする立場として、今回実施したアンケートで改めて感じさせられました。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.