アクションカメラ「APEMAN TRAWO」をヘッドマウントして武甲山を登ってみた

更新日:

ガジェット

しばらく記事の更新をしていない間は何をしていたかと言えば、昨日書いた自己紹介記事の中でも書いたんですけど、基本的には仕事とランニングという単調な日々の繰り返し、そして休日は最近ほぼ毎週のように登山しています。
 
今回の記事で書く「アクションカメラ」は現在のようにランニングや登山といったアクティビティがルーティンになる前にゲットしたものですが、やはり何かアクティビティがあったほうが用途の幅が全然広がりますよね。以前はタイムラプスを撮るための定点カメラのように使ったり、自転車にマウントするくらいしか用途がありませんでした(^_^;)
 
最近ほぼ毎週のように登っている山のことについてはけっこうネタが貯まってきているので、また別の記事としてネタ放出をしていきたいと思いますが、今回は先日(2018/11/03)埼玉は秩父にある武甲山で(秩父の盟主とも言われる山です)2回目の登頂をアクションカメラで撮影しながらしてきたので、そのことだけを中心にした記事を書きます。
 
 

APEMAN TRAWO


APEMANというのは中国のアクションカメラメーカーでよく「GoProもどき」とか呼ばれたりもします。本家GoProに比べるとかなり安価で大体1万円前後出せばAmazon経由で簡単に購入できる点が人気に繋がっています。
 
「アクションカメラを使ってみたいけど…GoProはそれなりの値段がするし…もし買ってみて使いみちがなかったらどうしよう?」
 
こんなふうにお考えの方がエントリー機種として手が出しやすい機種とも言えるでしょう。私も最初購入した時の心境はこのような感じでした笑
 
私が最初に購入した機種は今回使用した「APEMAN TRAWO」というモデルの1つ前のモデルで「APEMAN A80」という機種です。この1つ前のモデルを実際に使ってみた記事もムサシノウェブのサイトで以前にレビュー的な記事を書いています。
 
今回は現状では一番新しい機種「APEMAN TRAWO」をヘッドマウント(頭に取り付けて)武甲山での山行を約1時間半ほど撮影してみました。
 

 
今日時点で価格は12,880円。この価格でバッテリーが2つついてきたり豊富なマウントパーツ(身体に取り付けるための部品)もついてくるので、まずはお試しでアクションカメラを使ってみたいという時にはうってつけの機種なんじゃないかと私は思ってます。
 
※ちなみに1つ前のモデルを使ってみて書いた記事はこちらになりますので興味があれば是非こちらも読んでみてください!

『GoProもどき』中国製アクションカメラ『APEMAN A80』を取り付けて自転車でテスト走行してみました

最近、お仕事とは別で純粋に趣味としていろんな動画を撮りたい欲が強くなっていまして、とりあえず手軽に・手頃にアクションカメ ...

続きを見る


『GoProもどき』中国製アクションカメラ『APEMAN A80』を購入してからのその後

先日、記事で『GoProもどき』中国製アクションカメラ『APEMAN A80』を購入したことを書かせて頂きましたが…。 ...

続きを見る


 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

ヘッドマウントするために必要なパーツ

APEMANはバッテリーが2つ、それから豊富なマウントパーツがついてくると書きましたが、残念ながらヘッドマウントするためのパーツは付属されていません。
 
元々は付属のパーツに登山用ザックの胸部分にマウントできるクリップのようなパーツがあったのでそれを使ってザックにマウントしていたんですが、胸部分だとどうしても映像が目線とはちょっと違う、また首にタオルを巻いてたりするとタオルが左右に振れて映像の邪魔をする。
 
それがちょっと微妙な点だなと思ったので、ヘッドマウントパーツはAmazonで別途購入して、それを使って頭に取り付けて今回は山登りしました。
 

 
ちなみにAmazonで別途購入したヘッドマウント用のパーツ(バンド)は今日時点の価格が759円と決して高くはなく手を出しやすい商品です。
 
そして購入して実際に届いたヘッドマウントパーツがこれ。
 

 
このバンドにアクションカメラを取り付けるとこのようになります。
 

 
頭に取り付けた状態で山歩きするとこのような感じになります。
 

 
帽子がないとちょっとヘンテコリンな状態になるかもしれませんが、黒っぽい帽子を被ってその上からマウントすれば全然違和感なしです笑
 
 

APEMAN TRAWOで撮影した武甲山登山の動画

今回撮影した動画を5分くらいの長さへと再編集したものをYouTubeにアップしているので画質など参考にしてみてください。


 
ただただ、山歩きの映像だけ垂れ流すとちょっとシュールな感じになってしまうかもしれませんが(好きな人は好きかもですが)その他、撮影した写真や動画に組み込んで再編集するとけっこう良い映像素材になるんじゃないかなって思いました。例えばこんな感じの動画ですね!


あとは、今回登った武甲山はあまり岩場とか鎖場がない山でアクションカメラで山行を撮る山としては見せ場が少ないんですが、そういう岩場・鎖場が多い山だとかなり面白い映像が撮れるかもしれないですね。岩場・鎖場だと手撮りするのは大変危険ですから、そういった面でもヘッドマウントは便利だと思いますし(^^)/
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.