最近自転車のハンドルに取り付けた(着脱可能な)シリコン製スマホホルダーが便利でコスパ高いと思った件

更新日:

ガジェット

このサイトのテーマとは本来一切関係がないのですが、最近は趣味となりつつある自転車関係のネタ記事もぼちぼち書いております。
 
今回はつい先日ゲットして自転車のハンドルに取り付けてみたばかりのシリコン製スマホホルダーが幅広いスマホサイズに対応していて、そして取扱も簡単で便利だったので紹介したいと思います。
 
 

Bone シリコン製 スマホホルダー BikeTie

着脱可能。シリコン製だから打撃によって壊れてしまう心配もありませんし、あたりが柔らかいのでスマホ自体への衝撃もなさそうです。自転車のハンドルに取り付けていますが、もちろん自転車のハンドル以外でもあらゆる太さのポールに取り付けることができそうです。価格は2,170円。
 

 

 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

着脱が非常に簡単、そしてフィット感あり

自転車のハンドルへの取り付けは非常に簡単で、シリコン製のベルト部分を巻いて止めるだけです。
 

 
私の使っているAndroidのスマホはけっこう…こういったアクセサリーとの相性悪くサイズが合わないことが多いんですが、これはシリコンで伸縮性があるのでそういった心配もありません。
 

 
ホルダーからスマホを外している時はこんな感じです。
 

 

 
コンビニに寄ったり、ちょっとだけ目を離す時はこのようにスマホだけ取り外した状態にすることもありますが、着脱が簡単な分、普段はホルダーごと外して持ち歩くようにしています。これも着脱が簡単な分、盗まれてしまう可能性があるので念の為です!
 
 

まとめ

どうやらドンキホーテにも売っているようで店内でみかけたことがあるんですが、他のスマホホルダーと比較しても今使っているこのスマホホルダーが質・価格帯共に一番ちょうど良さそうな感じでした。
 
やはり自転車のハンドルにスマホを取り付けていると便利で、GPSに対応した距離計測アプリやマップアプリが以前よりも俄然使いやすくなり、自転車に乗っている時間がより快適になりました!
 

 
というわけで、このスマホホルダーは私のイチオシ!

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.