【個人事業主にインタビュー】岡崎市の整体院『柔YAWARA』さんに開業しようと思ったきっかけから開業後の苦労までを徹底インタビュー!

投稿日:

ビジネス

ここのところ、ブログをちゃんと更新しないとな!ってことでけっこう頑張って記事を書いてるんですが、個人事業主に関するアレコレを書くのが意外と書きやすいので、最近はシリーズ物のように厚めでお届けしております。
 
そして今回はせっかく個人事業主のアレコレを書くのなら、他の人はどうなのか?他業種はどうなのか?僕より個人事業主として先輩の方も同じようなことで苦しんだのか?また、その業種ならではの苦労があったのか?
 
そんなことも書いていきたいと思ったので、今回はインタビュー記事形式で書いていきたいと思います!
 
今回インタビューさせて頂いたのは、僕がもう1年以上かなり×100でお世話になっている愛知県岡崎市の整体院『柔YAWARA』代表で元理学療法士の長尾さんです!
 
 

開業してからどのくらいの期間が経ったのか?開業しようと思ったキッカケは?

でーさん
いま、このブログでは個人事業主に関するいろんなネタを書いておりまして、今回はその流れから僕よりも個人事業主として先輩の長尾さんにいろいろ質問できればと思っております!よろしくお願いします!
 
 
長尾さん
いつもお世話になっております!先輩なんてとんでもない!こちらこそよろしくお願い致します。
 
 
でーさん
今日の時点で開業されてからどのくらい経ってますか?
 
 
長尾さん
現時点は4年目ですね!厳密にいえば、3年と7ヶ月経ちました。
 
 
でーさん
いやー素晴らしいです!僕なんか大してランニングコストもかからないのにヒーヒーですからね。開業される前は病院で何年ほど理学療法士さんとして勤めていたのでしょうか?
 
 
長尾さん
いやいや!こちらも必死こいて事業を行ってますよ苦笑 開業する前は6年ほど整形外科で勤めておりました!
 
 
でーさん
整形外科に勤めてから、どのくらいで開業しようと思うようになったんでしょうか?また、開業しようと思うキッカケのようなものは何かあったんですか?
 
 
長尾さん
そうですね。元々なんらかの形で開業を考えておりました!いつからと言われたら、高校時代からです。ラグビーをやっていて怪我をたくさんしたというのもありますが、父も自営業をしており、その背中をみて育った為か、深層心理的に自分もいつかは自分で何かやろうと考えていたと思います!
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

開業準備の中で大変だったことや開業に向けて取り組んだ営業活動は?

でーさん
なるほど!ということは理学療法士さんになられたこと自体がゆくゆくは独立するためのプロセスだったということですね。開業しようと決めてから実際に開業するまで、準備期間はどのくらいでした?
 
 
長尾さん
私の場合は約半年ぐらいはかかったと思います!
 
 
でーさん
開業の準備をしていく中で一番大変なことって何だったでしょうか?もちろん、僕も経験しているので何となくわかるんですが、準備はどれもこれも不慣れなことが多かったとは思うんですが、その中でも一番きつかったことを挙げるとすれば何でしょう?
 
 
長尾さん
開業準備で一番大変だったのは営業ですかね。幸いなことに店舗を決めるのもスムーズにいきました。しかし、箱が用意できても集客できないと話にならないので、20時過ぎに仕事が終わってから営業活動していたのが大変でした。
 
 
でーさん
僕もそうでした。僕の場合は長尾さんにかなりお世話になったので全くのゼロじゃないところからスタートを切ることができましたけど、次を取っていくのがかなり大変でしたね。具体的に営業とは、どのような取り組みをされてたんでしょうか?(これは気になる人が多いはずです)
 
 
長尾さん
本当は病院的にダメでしょうが、もう時効なので話しますね。実は、業務後に20人ぐらい勤めている大型の美容院へ行き、無料で美容師さんのケアに行ってました。練習で多くの美容師さんが残っていますのでそれなりにニーズがあります。あと口コミを発生させる目的としては、美容師さんが一番いいと思ったのもあります。
 
 
でーさん
そんなに読まれないブログですし時効なので大丈夫ですよ笑 なるほど。技術を見せて気に入ってもらえればそれが一番の営業ですよね。その取り組みは開業後、どのくらい効果があったんですか?
 
 
長尾さん
いやいや、そんなことないですよ笑 開業後ボーズの日(誰も来ない日)があるかと思っていましたが、その営業の効果か開業してから1年間はボーズの日はありませんでしたね!今でもその美容院の美容師さんからのご紹介でお越しになられるお客様もいるぐらいです。
 
 
でーさん
それは長尾さんが目をつけた美容師さんが一番いいと思ったというのが功を奏したということでしょうか?何となくは既にわかってるんですが、なんで美容師さんが一番いいと思ったんですか?
 
 
長尾さん
BtoC のビジネスなので、同じ BtoC で顧客と密に接しているのはどんな業種かと考えたら美容師でした。美容師さんは職業柄、顧客と接客します。その美容師さん達に気に入られれば、勝手に口コミが発生すると考えたからです!
 
 

お店のターゲット層や病院勤務との違いについて

でーさん
なるほど!そして、予想通り口コミが発生して開業からボーズの日がなかったということですね。確かに僕が行ってる美容院さんでも隣に座ってるお客さんが整体院のこととか鍼灸院のことを美容師さんに話してたりする時がありますね。美容院によっては美顔鍼とかやってたりしますしね。美容師さんからの紹介で来店されたお客様の年齢層はどのくらいの方が多いんですか?
 
 
長尾さん
当店のターゲット層が40代の方なんですが、ちょうど40代前後の方が来てくださります!
 
 
でーさん
まさに読みが当たったということですね!ちょうどターゲット層の話が出たので聞いちゃいますが、このターゲット層が40代というのにはどういった考えや想いがあるのでしょうか?
 
 
長尾さん
そうですね!40代というのはちょうど働き盛りの世代になります。そのような方々は中々病院へ行くことも出来ずに身体のトラブルを解決するために悩んでる方が多いと思います。そのような方々のお身体のフォローをしたいという想いがありました。また40代というのはちょうど手足の筋力が落ちてきてしまう年代です。私が対象としている『関節の機能障害』という小難しい分野に該当する世代にもなります。身体に起こるトラブルの特徴的にも私が得意とする世代ですね。
 
 
でーさん
それが柔YAWARAというお店を開業した理念ということですね。集客活動はその美容師さんからの口コミ発生を狙う活動以外にはどういったことをされましたでしょうか?
 
 
長尾さん
良い質問ですね!その他の狙いもあって、病院勤つまり保険が適用されたリハビリの分野から自費へと世界が変わります。つまり、全然分野が違う事になります。例えば、ネイルさんが大きい店をやっていて、そのままお客様を引っ張ってきても、店が変わるだけで、価値はそんなに変わらないと思います。病院勤務だとそういうわけにはいきません。価値も違えば、対応も違ってきます。その為、対応の部分だけでも美容師さんで練習しようという狙いがありました。
 
 
でーさん
そうですね。元々、特定の技術者の対応や技術を気に入ってついてくれてるお客様の場合にはお店が変わってもそのままの形でついてきてくれると思いますが、病院のリハビリと店舗での施術だと応用する技術は同じでも対応としてはまるで違うものになりますよね。病院のリハビリには無いとまでは言いませんが、お店の場合は病院以上に「接客」という概念が生じると思います。
 
 
長尾さん
はっきり言って信用に関しては、絶対に病院には勝てませんからね。その環境下で接客もダメだったらどうしようもないなと開業当初は思っていました!
 
 
でーさん
接客については美容師さん相手に練習したことで開業時から難なくできたんでしょうか?それともやはり練習と実戦では違うとも思うので、けっこう最初のうちは苦労されました?
 
 
長尾さん
やはり実践と練習とでは違う部分がありますね!今でもそうですが実戦で修正していく事が多々あります。ですが、やっておいてよかったと思います。今思うと接客に関してゼロスタートはかなり厳しいなというのが本音ですね。
 
 

価格設定の難しさや経営が一番危なくなった時期について

でーさん
そうですね。技術を提供しながらアドリブでお客様といろんなことを話したりするのって本当に難しいことだと美容師さんとか見てても思います。こういった取り込みの成果として最初のうちからボーズになることなく店舗運営が出来たということですが、価格設定って難しくなかったですか?僕が開業する時に一番難しいなと思ったのがこの価格設定だったんですが。単に相場を適用すればいいわけじゃないですし、やはり最初のうちは実績が少ない分、不安から自分の技術を安く売ってしまうようなところもあったんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?
 
 
長尾さん
価格設定は今でも悩んでしまう問題ですね!当初は病院内でお金を扱う事がなかったので、価値の感覚があまりなかったです。その為、むちゃくちゃ安い値段で当初はケアを提供しておりました。ですが、これでは私が潰れてしまうと思い、2度ばかり修正をかけたという感じです。価格に関しては、地域の土地柄や周りの競合も意識して決めないとお客様にそっぽを向かれてしまいますからね。慎重に決めていかないといけない問題ですよね。
 
 
でーさん
そうですよね。これから開業される人誰しもが最初にブチ当たる壁のようなものだと思いますし、開業からしばらく経ってから第二波、第三波と価格設定に関する悩みや壁のようなものは何度でも押し寄せてくるような気がします。約4年くらい営業されてきて、「この時が一番ピンチだった」というような危機的状況に直面したことってありますでしょうか?
 
 
長尾さん
お店を営んでいると多少なりともお客様が来る波というのがあって、それが一気に引いて『凪』になった時が一番危機的状況ですね。過去に1度ありましたね。
 
 
でーさん
その時はどうやって対策されたんですか?
 
 
長尾さん
いやー、それは冬山で遭難した時の対策みたいにじっと耐えてチャンスが来るまでまだ力を蓄えるような感じで乗り切りましたよ笑
 
 
でーさん
恐らくそうかなって思いつつ聞いたんですが、やはりそうでしたか笑 僕も1年以上やってきて思うことなんですが『凪』になってからドタバタしても解消されるわけじゃなくて、いかにそうじゃない時に何をしていくかってことが物を言う気がします。
 
 
長尾さん
まさにそうですね!やるべき事をしっかりやっていく事が大切ですね!いい時もあれば、悪い時もあります。悪い時はまさに自分が成長する期間と考えてます!
 
 
でーさん
やるべき事をしっかりやっていく上でも、けっこうお金ってかかると思うんですけど、例えばこれは今から取り組んで育てていったほうが良いという戦略が浮かんだ・見つかった時にご自身の運転資金だけじゃ賄いきれない。そんな時に活用した制度などはありますでしょうか?また、そういった何か活用した制度があったとして、整体院という業態以外でも活用できるものなのでしょうか?
 
 
長尾さん
活用できる制度は色々ありますよ!国の予算が余った場合に使用できる補助金などもあるはずです。お国のお金なので使用する際はしっかりとした事業計画が必要になりますが。
 
 

先行き不安と言われる自営業でも問題なく結婚はできるのか?

でーさん
そういったものを活用していくことだったり、様々な角度から多角的に経営が上手くいくように取り組んでいくことは大事ですよね。最後に、けっこう僕が個人事業主やフリーランス系の記事を読んでいるとよく見かける話題があって、それを長尾さんにもお聞きしたいんですが。ズバリ!結婚について!奥様とご結婚されたのは独立されたからですよね?
 
 
長尾さん
そうですね!色々な道筋があるのも個人事業の楽しみですね!はい!妻とは独立後に結婚しました!
 
 
でーさん
僕がよくネット上の記事で読んだりするのが、個人事業主・フリーランスはなかなか結婚するのが大変だっていう記事なんですけど笑 実際、そういうものが壁になることもなく長尾さんの場合はスンナリでした?
 
 
長尾さん
ほんとですか!?笑笑 確かに、もともと違う生活スタイルを送っていた2人が一緒に暮らすので結婚は大変だと思いますよ!ですが、私の場合は独立した時には既に同棲していたので笑 そのような壁はほぼなかったですね!
 
 
でーさん
先行き不安という点がやはり障害となることがけっこう多いらしいんですよね。当人同士もそうですし、もちろん親御さんとかも含めての話なんですが。でも、長尾さんがハウスメーカーさんのメディアで寄稿した記事にも書かれていましたが、このような生活を送ってるからこそ、奥様や家庭は大事だということはすごく強調されてましたよね。
 
 
長尾さん
個人事業主は確かに先行き不安と言われますよね。ですが、それは雇われている人も同様ではないですか?勤めている会社がいつ潰れるかなんてわからないじゃないですか笑 どっちにしろ先行き不安な時代なんですよ!それなら、楽しく生活した方がいいですよね!それに家族と生活するというのも色々学ぶ事が多いので、ある意味接客にも役に立っているんですよね!笑
 
 
でーさん
長尾さんはよく奥様相手に接待されている優秀な家庭内営業マンでもありますもんね笑 でも、本当に僕も同じように考えていて、勤めている会社が潰れない保証なんてないと思うんです。逆に潰れないという慢心を引っ張り続けたまま、ある日会社が潰れてしまった時、それはそれで精神的にも経済的にも深刻なダメージを負うと思いますので、あんまりそこは変わりないですよね。
 
 
長尾さん
勤めていると100%やりたい仕事をやっているわけではないですよね。そんなストレスがある中働いて、会社が潰れて、ましてや経済的なダメージを負うぐらいなら、自分で好きな事をやる道を選びますね!事業規模的にも1億円借金してやる事業でもないので、例え潰れても首をくくるわけではないですしね!笑 何事もトライして、その中で転んで怪我しても、また立ち上がってトライする方が生きている感じがしますよね。ハイストレスにはなりますが笑
 
 
でーさん
そうですよね!すごくたくさん質問させて頂いたので大変長いインタビューになってしまいましたが、改めてこうやって同じように個人事業をやっている方からいろんなお話を聞くことができて、僕自身もなんだか勇気のようなものがもらえました!長尾さん、インタビューのご協力ありがとうございました!
 
 
長尾さん
いえいえ、こちらこそありがとうございました!改めて質問されると自分がどのように考えているかという事を再認識出来ますね!自分を見つめ直す機会になりました!今後ともよろしくお願い致します!
 
 

まとめ

なかなかこういう話を他の事業主さんと徹底的に語りあうという機会がないので、今回のこのインタビュー企画は何より僕にとって有意義な時間となりました。僕も『凪』というのは怖くて、そうならないように様々な工夫をして何とか毎日・毎月しがみついているような感じではありますが笑
 
でも、お店を運転していると出ていくコストは僕みたいな業態以上になってしまいますからね。僕のような業態だと、今のところはコスト=生活の中で出ていくものが中心で事業としてのランニングコストはほとんどかかっていないので、悪い時は自分が節制することで解決できる局面も往々にしてありますけど。
 
しかも長尾さんは現時点では一人でやられているので、予約が被ってしまう時やご自身の体調が悪くなってしまった時など、時間割で動かなきゃいけない商売の大変さがそういうところにもあると思うんですよね。
 
それに比べれば、僕の仕事なんて時間との戦いはせいぜい「納期との戦い」くらいなので楽なもんだなあと、今回のインタビューによって勇気を頂くことができました。
 
今回インタビューにご協力頂いた愛知県岡崎市の整体院『柔YAWARA』代表で元理学療法士の長尾さんは、定期的に記事やYouTube動画でも健康増進情報を発信していますので、是非そちらもご覧ください!



健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア

愛知県岡崎市で理学療法士が肩こり・腰痛・四十肩・膝の痛みに特化した本格的なお身体のケアを提供する整体院が運営する健康増進情報発信メディア...

表示する

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.