過去に積んできた経験は良いものも悪いものも自分の人生を彩っていくはず

投稿日:

雑記

土日、特に日曜日はお客様とのやりとり量が必然的に少なくなるので、本来は作業系のタスクを消化しやすい静かな1日になるんですが、昨日は久しぶりにFacebookメッセンジャーで2人のかつての同僚と近況や思い出話を花を咲かせる1日となりました。(つまり、仕事しないでチャットばっかしてたってことです笑)
 
仕事は捗らなかったけど、そのおかげでいろいろと振り返ったりする時間も取れたのでたまには良いでしょう笑
 
そうやって、かつて一緒に仕事していた人たちと久しぶりにコミュニケーションをとると感じることは、自分が今やっていることは過去に積み上げてきたものが土台になっているということ。
 
その人たちと一緒に仕事してた当時に比べて自分は成長したという自負があったり、なんとなく、いつのまにか今やっていることも勝手に自然と出来るようになったって錯覚してしまう時があるけど、よくよく考えれば「過去にあれこれこんな経験をしてその時は後々になって役立つかもわからなかったこと」を粛々とやり続けた結果、何年か経っていまようやく役立ってるというのが実態だと思うんです。
 
いまは仕事面のことでこういう話を書いてますが、決してこれは仕事のことだけじゃなくて、人生は全てそう。
 
だから、「悪事」以外の経験ならきっと経験して無駄なことはない。経験の量は未来の自分を明るくする。僕はそう思ってます。
 
現在進行形で経験を積んでいる最中は、その経験が先の自分にとって役立つものか?なんてわからない時もあるし、多分わからない時のほうが多いし、そもそも経験の多くは即効性が低い。
 
何か経験を得たからといって翌日から飛躍的に自分が変わるなんてことも早々ないけど(未知なる領域を知ったこと、或いは自信がついたりして精神的な部分で進化を遂げることはあるけど)
 
点と点はいつか線として繋がる
 
きっと自分が打った点の数々はいつか必ず線として繋がるってことを、信じて腐らずやってれば、過去に積んできた経験は現在の自分に活かせるところが何かしらあるのだと思います。
 
活かせるという自覚すらなく、勝手に活かしてると言った方が適切かもしれないですね。
 
そして、今の自分がやっていること・選択したことは何の背景も無しに今の自分が今の気持ちのままに選択したことのように一見とれますが、実は決してそんなことはなくて、もし自分が過去に積んできた経験値のパターンが僅か1ミリでも違うものだったとしたら、バタフライエフェクトのようなもので、きっと僕は今やっていることとは別のことをやってるんだろうと思います。
 
過去に積み上げた経験は今現在の知識や技術としても活きているし、知識として活きているということは当然、その経験があるのとないのとでは物事を選択する思考も変わってきます。
 
ちなみにこの記事って…特に落とし所となる情報やオピニオンは含まれてなくて、僕がいま書きたいことをただただスマホで殴り書いてるだけなので、何かをハックする記事じゃあ全くないんですけどね。単なるオチなし記事です笑
 
でも、僕が「経験」ということに対して思うことはこの記事で書いてきた通りなので、だから僕はまだまだいろんな経験をしたいと思うし、もっともっと自分にとって未知なる領域へと踏み込んでみたい。
 
そして、悪いことする以外なら(悪いことはしちゃダメ!)経験はどんな経験でも後になって必ず活かせる部分があると思うので、自分にとって良いことも悪いことも、すごく悪いことも嫌なことも、それをやってる瞬間は本当に苦痛でしかないかもしれないけど、根っこにあるものはいつもポジティブでいたいなと思います。
 
いま…本当にくだらないとか、本当に劣悪な条件・環境だと思うことでも、過ぎ去ればそれはきっと自分にとって良い経験として生きるはず。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.