私が個人事業主になって良かったと思うことを6つ挙げてみる

更新日:

ビジネス

ムサシノウェブという屋号を名乗るようになったのは今年からですが、個人事業主として活動しだしてからは大体1年くらい(1年ちょっと)経ちました。
 
人って、そう簡単にはおなくなりにはならないと私は思っていますが、でも…こうして今日まで生きていることが不思議に思うことが時々あります。そのくらい、始めた当初は仕事も何もなかったので笑
 
のっけから話が脱線してしまい言葉狩りみたいになってしまうんですが、個人的に「ブロガー」とか「フリーランス」といった言葉があまり好きではありません。別に深い理由はないんですが、何となく「ニート」と言っているのと変わらない気がして…私は日頃から自身を「フリーランス」と名乗ることはないので、ここでも「個人事業主」で統一させて頂きたいと思います。
 
 

個人事業主をやろうと思ったワケ

何か夢があったとか、何年も前から計画していたとか、そんな崇高なものではありません。何となく成り行き上でこうなってしまったワケなんです。ただ、「毎朝の通勤は辛い」「人間関係が面倒くさい」そして「自分が思った通りの仕事をしたい」というのは会社員時代から強く感じていたことだと思います。逆に言えば、あまり協調性がなくてワガママなのでこれしか道がなかったとも言えます。
 
なぜ個人事業主をやろうと思ったか?については、また機会があれば別の記事にして書いていきたいと思いますが、自分自身で「自分は会社員をやる適性がある」と感じていたらきっと今でも会社員をやっていたと思いますが、会社員をやっている時から現状の自分を鑑みて「本当にこのままでいいのか?」と思う日々ではありました。
 
まあ、一旦この「個人事業主をやろうと思ったワケ」についてまとめると、私の場合は全然計画性もなく結果的には「思い立ったら行動」していた結果だったという感じです。別にものすごく自由を求めていたわけでもないし、何か野心を抱いていたわけでもないんですが、なんとなく押し出されてこうなったというのが適切な表現でしょうか笑
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

個人事業主になって良かったと思うこと

フリーランスという働き方について書かれている記事はものすごくたくさんあると思います。基本的には「フリーランス最高!」といったポジティブな記事が多いですかね?中には「フリーランスは大変」自慢をしているような記事もあると思います。あくまでも私の個人的なフリーランス記事に対する印象です。
 
うーん、私は個人事業主という働きが自分的には合っていると思うけど「フリーランス最高!」とまでは思ったことがないです笑
 
「フリーランスは大変」というのは仕事はみんな大変だから当たり前のことですし、そもそも自分が勝手に選択した道なのでそれを語るつもりはありません。
 
では、私にとって「個人事業主になって良かったと思う」瞬間はどんな瞬間か?を挙げてみたいと思います。
 

好きなことをやっている時間が増えた

元々、仕事自体は好きで会社員の頃でも仕事に対しては熱量が高いほうだったとは思いますが、今やっている仕事も当然自分が好きでやっていることです。もちろん好きか嫌いかだけじゃなくて生活のためにお金のことも考えなければいけないんですが、お金のことよりも先に「自分が好きな仕事を好きな人とすること」に生きている時間を費やしたい。とにかくまずは自分のそういった本能を大事にするように今はしています。
 
だから今は「好きなことをやっている時間が増えた」というよりも「嫌いな人と会う時間」や「嫌だなと思うことをやる時間」が減ったとも言えますね。これはバランス感覚が非常に難しく、好きなことばかりで埋め尽くそうと度が過ぎると…ただの現実逃避マンになってしまう可能性もあるので、好きなことをやる時間が増えるのは良いことですが、「嫌なことは先延ばしにしない」「楽するために最初苦労する」という感覚は常に持っておこうとも思っています。
 

人は一人では生きていない・生きられないことを再認識した

私は良く言えば好き嫌いがハッキリしている、悪く言えば協調性のないヤツなので、会社員時代は「人間関係が面倒くさい」と思うことが常でした。これは個人事業主になった大きな理由の1つで、個人事業主になれば人との関わりは無くせるかも?なんて思ったりもしましたが、当然そんなことはないですよね笑
 
確かに「自分が関わりたくないと思う人」との関わりは減り無駄なストレスは消え去ったところはありますが、仕事を頂戴する相手は「人」一緒に仕事を進めていくのも「人」…当たり前ですが「人との関わり」自体をやめることはできません。むしろ、個人事業主になってからのほうが自分から人と関わろうとするようになりましたし、その結果なのか?以前よりもむしろ濃いお付き合いをする人が増えたようにも思えます。
 
結局は人は一人では生きていないこと、一人でなんて生きられないことを再認識させられました。どこか独りよがりになっていたところが自分にはあると思うので、これは非常に良かったことだと思います。
 

お世話になった人生の先輩達に恩返しができるようになった

上の見出しでいわゆる「人間関係」について書きましたが、1番個人事業主になって良かったと思う瞬間は…かつてお世話になった先輩達に対して、仕事をお手伝いすることで恩返しや少しは成長した姿を見せられるようになったことです。
 
大変ありがたいことに、個人事業主になってから20年来の先輩や、私が20代前半に働いていた会社で尊敬していた先輩(上司)からお仕事の相談を頂くようになりました。
 
かつては先輩たちの凄い部分ばかり見ていたので「自分はこの人に勝てる箇所が1箇所でもあるのだろうか?」なんて思っていた先輩方のかゆいところに手が届く人間に少しでもなれたのかなと思うとこれはものすごく嬉しいことです。
 
そうやってお話を頂けることは、ここ10~20年の間に自分は自分の特色をしっかり身につけることができたという裏付けのようにも自分自身からは感じられますし、いつまで経っても先輩は先輩、先輩と後輩という間柄に変わりはありませんが、仕事を通じては対等に1人の人間同士として接することができるようになったことも嬉しいことです。
 
何より、自分自身が個人事業主になってフットワークが軽くなったことでそういった声をかけてもらえるようになった、仕事を一緒に進めていくということは関わりも増えるということなので、さっき書いた「人は一人では生きていない」ということや「出会いの大切さ」を認識できるのが良かったと思うことですね。
 

朝の超満員な通勤電車に乗らなくて良いのは最高!笑

ここまで割と綺麗なことを並べてきたんですが、現実的な問題として「通勤電車に乗らなくて良い生活」というのは私にとっては最高という一言しかありません。あれは消耗以外の何物でもないと思います!笑
 
夏は他人の汗が付着したり、だんだん年齢も重ねてきたのでチカンと間違われないかも(もしくはハメられないかも)心配になってきましたし、私は都心から少し離れたところに住んでますから純粋に時間も無駄してますしね。
 
朝起きてパッと仕事をする、もしくは時間を気にせず遅くまで仕事に没頭できる、一度やりだしたら止まらない私の性格には今の生活スタイルが1番合っているような気がします。
 

自由に休みがとれる・時間が使える

これもやりすぎると考えものですし、逆に際限なく仕事をしてしまって体調を悪くするといった可能性も秘めています。私も実際、つい最近までは毎日睡眠時間を削りに削って仕事をしていた結果、扁桃炎になったり明らかな免疫低下を感じたので、最近はライフワークバランス的なものも気をつけるようにしていますが…。
 
調子が悪い・気分が乗らない日は無理して仕事をする必要はないですし、何か仕事以外の予定があって休みたい時は自由に休むことができます。深酒したい夜は深酒しても翌日早くから打ち合わせとかがなければ問題ないですしね!
 
今のところはその自由に使える時間を私は仕事に没頭する時間ばかりに費やしてきている気もしますが(そうしないと仕事が無くなりそうで怖くて…)でも、それも自分の意思でやっていることですから、かつてのように時間枠に縛られている中でやっていることとは気分がちょっと違います。
 
捧げた時間に対してお金が入ってくるわけではなく、あくまでも結果に対してお金が入ってきますから、それは時に苦しいこともありますけど基本的に私の性格には合っていると思います。時間は人から指図を受けることなく、自分の意思で自由に使いたいです。
 

いろんなことを自分でやらないといけない、でもそれは更なる進化の機会

自分の特色を活かす、なるべく自分の好きなことだけをやるために個人事業主となりましたが、個人事業主になってからのほうが不得手とする領域まで自分だけでやる機会というのは増えました。逃げられない、人にふれないわけですから当然ですが…。
 
その結果として、食わず嫌いじゃないですけど、元々自分が苦手と公言している物事の中にはけっこう単に自分が面倒でそう言っているものが多かったということも最近わかってきました。
 
実際にやってみると案外こなせたり、もっともっと突き詰めてみたいと興味を感じることだったり、これまでは先入観で避けてきたこと、自分が避けても他の人が何とかしてくれることを、今は誰も何とかしてくれない崖っぷちの状況というのは自分を更に高めてくれます。
 
冷静に見て、個人事業主をやる前の自分よりもやってからの自分のほうが技術や知識は明らかに増えたと感じています。
 
 

まとめ

というわけで、今回は私が「個人事業主になって良かったと思うこと」を大きく分けて6つ挙げてみました。
 
最初にも書いた通り、私は個人事業主という働きが自分的には合っていると思うけど「フリーランス最高!」とまでは思ったことがないです。会社員としての適性を自分自身感じることができれば間違いなく今でも会社員をやっていたでしょう。何となく「このままでいいのか?」という葛藤はありましたけど、別に不満という不満はありませんでしたし。
 
でも、何をするにも自分の選択と覚悟で今に至りますから、この瞬間を決して悪いものとは考えずに、その時ごとに良いものを拾い上げていきたいと常に思っています。
 
そして、この個人事業主という現在のスタイルがゴールではありません。まだまだやりたいことはたくさんあるし、もっともっと良かったと思える瞬間を増やしていきたいと思っていますし、以前は「人と絡むのが嫌だから」会社を作る気はありませんでしたが、この記事で書いた通り「人は一人では生きていないこと」最近それをすごく認識させられているので、避けられない以上は血の通ったメンバーで会社を作るというのも面白いだろうなと、最近は考え方もまた変わってきています。
 
もしかしたら、個人事業主になって1番良かったことは、前よりもフレキシブルに自分の考え方を変化させることができるようになったことかもしれませんね!
 
この記事が、個人事業主に興味がある人、個人事業主にあこがれている人、これから個人事業主になる人にとって、少しでも参考になれば幸いです。

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.