Google スプレッドシートでアナリティクスの解析レポートを自動取得する方法

投稿日:

ウェブ

何かと便利なGoogle スプレッドシート。気づけばお客様とのやりとりもここ何年かはExcelよりもGoogle スプレッドシートで行われることが、僕の場合は多くなっているような気がします。
 
今回はそんなスプレッドシートでGoogleアナリティクスの解析レポートを自動取得する方法について、主にお客様への情報共有目的で書いておこうと思ったので書きます。手順は簡単でスプレッドシートのアドオンという機能を使って簡単に設定することができます。
 
こんな感じでスプレッドシートに自動でアナリティクスの解析データが入ってくるようになります。
 

 
 

スプレッドシートにアドオンをインストールする

アナリティクスのデータを自動で取得できるように、まずはスプレッドシートにアナリティクスのアドオンをインストールします。
 
スプレッドシートを開いてメニューから「アドオン」→「アドオンを取得」と選択していきます。
 

 
このような画面が出てくると思います。そして一覧に表示されていると思うんですが、「Google Analytics」というアドオンがありますのでこれを選択します(一覧になければ右上の検索バーで「アナリティクス」と検索すれば出てきます)
 

 
選択したら右上にある「無料」というボタンをクリックしてインストールします。
 

 
すると、Googleアカウントのログイン・選択画面が出てくると思うのでアナリティクスを使ってるアカウントでログインします。
 
これでアドオンのインストールは完了です。
 

 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

解析レポートをスプレッドシートに取り込む設定

アドオンのインストールが完了したら、さっそくアナリティクスのデータをスプレッドシートに取り込む設定をしていきます。また、メニューの「アドオン」から「Google Analytics」→「Create new report」と選択していきます。
 

 
すると、スプレッドシート画面右側にこのような選択項目が表示されると思います(内訳は赤枠で囲ってスクショに書いておきました)
 

 
この選択項目を設定すればレポートが自動で取り込まれますので、選択・入力すべき箇所を以下に記載していきます。
 
 
1) Name your report
 
Name
レポートの名前を入力します。僕の場合はデイリーのデータを取り込むなら「Daily」、マンスリーのデータを取り込むなら「Monthly」という感じで適当につけています。
 
 
2) Select a view
 
ログインしているアカウントのGoogleアナリティクスに紐付けられたサイトが一覧で表示されますので解析したいサイトを選択していきます。
 
 
3) Choose configuration options
 
Metrics
ここは後でもっと細かく、そしてもっと楽に設定することができるので、僕はとりあえず「Users」だけ選択しています(入力ボックス内をクリックすると選択できる指標が表示されます)
 
Dimensions
ここも後で設定を変えることができるので、とりあえずデイリーの集計をとる「Date」を選択しています(dateと入力すると選択肢が出てきます)
 
Segments
ここは何も入力していません。
 
 
以上、必要な選択・入力が完了したら一番下にある「Create Report」ボタンをクリックします。
 
次にこのReport Configurationのシートが表示されるので、ここで更に細かい設定をしていきます。
 

 
設定する箇所はまた以下に詳細を記載していきます。
 
 
Start Date
どの時点からのデータをスプレッドシートに取り込むかを指定します。デフォルトでは「30daysAgo」と約1ヶ月前からのデータが取り込まれるようになっています。例えば、約2ヶ月前からのデータを取り込みたい時は「60daysAgo」といったように日数の数字部分を打ち変えます。
 
End Date
どこまでのデータをスプレッドシートに取り込むかの指定。僕はデフォルトの「yesterday」のまま、つまり前日までのデータを取り込んでます。
 
Metrics
さっき適当に「Users」だけを選択したところですね。解析したい指標を選択する部分になります。例えば以下のように入力すると複数の指標を解析することができます。※下のサンプルをコピペでセルに貼ればこのまま使えます。

ga:pageviews ga:users ga:newUsers ga:sessions ga:organicSearches ga:bounceRate

内容は左から「ページビュー」「ユーザー」「新規ユーザー」「セッション」「オーガニック検索」「直帰率」となっています。
 
Dimensions
ここはデイリーの集計を取る時は ga:date と入力し、マンスリーの集計を取る時は ga:yearMonth と入力しています。
 
 
これらのセルに直接GoogleアナリティクスAPIリファレンスの項目名(ga:pageviewsみたいなやつを)を入力していけば、いろんな指標を解析することができます。
 
他の指標の項目名や指標ごとの役割に関する解説は『GoogleアナリティクスAPIリファレンス』とグーグルで検索すると、いろいろ記事が出てくるので確認してみてください。
 
以上、ここまで紹介してきたセルに項目を入力するとこのような感じになると思います。
 

 
そして、この状態で再びメニューの「アドオン」から「Google Analytics」→「Run Reports」と選択するとレポートの取り込みが始まります。
 

 
以上の手順で取り込まれたレポートです。スプレッドシートに日別で選択した指標の集計が取り込まれています。
 

 
 
例えば、今回はデイリーの解析データを取り込む操作をしてスプレッドシートには日別でデータが表示されてますが、デイリーもマンスリーも両方取り込みたいという場合には、ここからもう一度レポートの作成手順を最初からやって、今度はDimensionsでga:yearMonthを選択して取り込めば、日別・月別とシートごとに分けて解析データを集計することができます。
 
 

レポート取り込みの自動化

今回取り込んだレポートを、今後は自動で最新の情報が取得していけるよう、最後に自動化の設定をしたいと思います。
 
手順は非常に簡単です。再びメニューから「アドオン」→「Google Analytics」→「Schedule Reports」と選択します。
 

 
そして表示される画面の「Enable reports to run automatically」にチェックを入れると、自動取り込みする間隔の選択肢が表示されるので(特に細かい理由がなければデフォルトのままでも良いかと思います)選択肢から設定を変更して「Save」をクリックすれば自動化完了です。
 

 
 
アナリティクス自体のレポートも便利ですけど、スプレッドシートに取り込むと遡っての分析がしやすいしデータの加工もしやすいし、とても便利です。設定自体も非常に簡単なので是非やってみてください。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.