【初めての方向け】ドメインというものに対する解説とムームードメインでドメイン(サイトURL)を取得する手順

投稿日:

ウェブ

この記事ではムームードメインでドメインを取得するまでの手順を紹介します。
 

ドメインについて

ドメインの取得手順を紹介する前に、まずは念のため「ドメイン」というものについて簡単な解説を入れます。
 
ドメインとは…
 
https://blog.musashinoweb.com/
 
↑はこのブログのURLですが、このURLのこと、つまりはインターネット上の住所のことだと思えば問題ないと思います。
 
私たちは行ったことがないお店などに足を運ぶ際、住所を頼りにそこまで向かうと思います。(もちろん住所なんて知らなくても簡単にたどり着ける駅前という立地や路面店などもありますが)
 
閑静な住宅街の中にポツンと佇むお店まで自力で辿り着こうと思ったら住所を調べないとだと思いますし、お店だけじゃなくて個人のお宅に初めてお邪魔する時も、年賀状やお手紙を出す時も住所を頼りにそこまで人や物がたどり着くようにしています。
 
ドメインも同じことで、
 
https://blog.musashinoweb.com/
 
↑こういうサイトURLがあるからこそ、そのサイトに人々がたどり着いてくれます。
 
とは言っても、今はこのサイトURLをブラウザー(インターネットを閲覧するソフト)に直接手打ちしてサイトにアクセスするってことはほぼほぼなく、基本的にはグーグルなどの検索でお店の名前などで調べればサイトが出てきちゃうとは思いますが…(^_^;)
 
ちょっと回りくどい説明になっちゃいましたが、ご自身の専用サイトを作る際にまずやるべきことはこの「ドメインの取得」という作業になります。
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

取得したドメインはメールアドレスとしても使える

私はムサシノウェブという屋号でお仕事をしているのでメールアドレスもそれがわかるように「info@musashinoweb.com」このようなものを使っています。
 
ドメインとして年間の維持費を払って取得しているのは以下。
 
musashinoweb.com
 
これなんですが、musashinowebという文字列は私が任意で指定したもの。そして「.」のあとのcomとかは予め用意されている文字列で「jp」とか「co.jp」とか皆さんもこのcom以外がサイトアドレスの末尾になったサイトを見たことがあるかと思いますが。
 
取得したドメインというのはサイトのURLとしてだけではなく、自分のメールアドレスとしても使うことができます。(別の記事で詳しく紹介しますがサイトのコンテンツをアップしたりメールを受信するためのレンタルサーバーを保つ必要があります)
 
会社さんと取引する際、大体の会社さんはホームページのアドレスとメールアドレスの@以降が一緒になってますよね?
 
同じ方がわかりやすいってこともありますけど、つまりはこういうことでドメインはサイトを開くためだけに使えるものではなく、メールアドレスとしても使うことができるものになります。
 
Gmailはもはや携帯のメールアドレスよりも使われているアドレスだと思いますし、Gmailだから怪しまれる時代でもないと思いますが、でも大会社さんの公式メールアドレスがGmailだったとしたら…ちょっとビックリしますよね?笑
 
多くの方は開業にあわせてメールアドレスも自前のものをこしらえたいと考えるかと思いますが、そういう時にもドメインの取得という作業が必要になるということですね。
 
 

ドメインはそのドメインに空きがあれば自由に設定できる

まずは「自由に設定できる」と書いたものの、「.」より後ろのcomとかjpという部分は、自由に設定できる文字列ではなくて、これは予め決められたものから選ぶ必要があります。
 
「com」「jp」「co.jp」「net」「site」「blue」
 
など、有名なものから最後に記載した色を表す「blue」なんてものまで、予め決められたものから選ぶ必要があるといっても、その選択肢はかなり幅広いです。
 
そして「.」の前の部分、私で言えば「musashinoweb.com」ですから「musashinoweb」という部分については自分自身が自由に設定したものです。
 
たとえば「株式会社横丁」という事業を立ち上げたい人なら「yokocho.com」とか、こんな感じのドメインが欲しいんじゃないかと思いますが、この「.」の前後の組み合わせ、ムサシノウェブなら「musashinoweb」という部分と「com」という部分の組み合わせを未だ誰も使ってない・空いている状態なら自由に取得することができます。
 
つまり、この「musashinoweb.com」というドメインは、既に私が取得しているので他の人は使えませんが、「musashinoweb.net」とかであれば私は取得していないので、他の人も取得していなければまだまだ自分が今日取得して今日から使うといったことができます。
 
 

ムームードメインというサービスでドメインを取得する手順

というわけでここまでがドメインというものに対する解説でちょっと回りくどくなってしまいましたがまとめると
 
・自前のサイトやメールアドレスを持つ時に必要
・「com」とか「jp」とかの部分は自分で文字列指定できないけど数多くある選択肢から選べる
・「.」の前部分は自分で自由に設定することができる

 
ということになります。
 
ちなみにドメインの金額は「com」とか「jp」とか、この部分の種類によっても変わってきます。「jp」とかは人気があるのでちょっと高いかなという感じですが、「com」なんかだと王道なドメインの割には価格も手頃だったりします。
 
あとは最初1年目の契約では30円で使えるといったドメインも数多くありますが、そういうドメインは2年目以降の更新をする際にけっこう更新費用が高かったりして、結論から言えばどんなドメインを使っても複数年使えば同じくらいの金額にはなってきます。
 
なので、私は初めて取得する方にはとりあえず王道感があるし価格的にもお手頃なので「com」を取得することをオススメはしています。
 
それと同じような感覚で今回はドメインを取得する先としてムームードメインというサービス、そしてそこでドメインを取得する手順を紹介していきます。
 
 

ドメイン取得までの手順

手順を示すスクリーンショットはPCの画面で撮影したものを使いますがスマホでも基本的な流れは同じです!
 
まずはムームードメインのサイトにアクセスします。
 
アクセスしたら自分が取得したいドメインを入力するバーがあるので、ここに「.」より前の部分(私なら「musashinoweb」とか)を入力してみてください。
 

 
そして「検索する」というボタンをクリックすると、指定したドメインの空き状況が一覧で表示されます。
 
例えば「musashinoweb」という文字列で検索すると、musashinoweb.comは既に私が取得しているので「取得できません」と表示されますが、musashinoweb.jpとかmusashinoweb.netとかは今日時点ではまだ空きがある状態です。
 

 
ちなみにこの一覧画面ではそのドメインを取得した場合の年間でかかる費用も記載されています。
 
comの場合は年間で799円。
 
あとは複数年で契約したほうがお得になるドメインとかはそういった記載もあります。
 
ページを下の方にスクロールしていけばわかると思いますが、ドメインの種類は「com」とか「jp」とかだけじゃなくて本当にいろいろあるのでお好きなものを選んでもらえればと思いますが、よくわからない内はあんまりマニアックなやつじゃなくてメジャーなやつを選んでおいたほうが何かと利便性も高くて良いと思います。
 
さて、今回は仮に「jp」ドメインを取得する想定で話を勧めていきます。「jp」ドメインの右側にある「カートに追加」ボタンをクリックします。
 

 
すると、このような画面表示になるので
 

 
「お申込みへ」ボタンをクリックして進みます。
 
次の画面ではムームーIDというIDでのログインを求められますが、初めて利用する人はIDを持ってないはずなので「新規登録する」ボタンをクリックして、まずはムームーIDを作成します。
 

 
次に画面でIDを設定します。IDとなるものは自分のメールアドレス、そしてパスワードは自分で設定したものです。設定が済み、利用規約をしっかり確認したら、「利用規約に確認して本人確認へ」をクリックします。
 

 
次の画面ではSMS認証による本人確認というのが表示されると思うので、ご自身の携帯に認証コードを送ってもらいます。
 

 
ムームーIDが承認されれば、先ほどカートに入れた申込情報はそのまま残っているので、あとは決済手続きになります。
 
ちなみに、この決済手続きの中で気になる部分というかよくわからない部分になりそうなのが…
 

 
この「WHOIS公開情報」という部分だと思います。基本的にはここの選択肢は「弊社の情報を代理公開する」にしておいてOKです!(ただし「jp」アドレスとかだと代理公開ができないので選択肢が元から違うと思います)
 
ドメインの所有者の名前や住所って調べればわかっちゃうんですよ。会社さんやお店さんはそれでも問題ないかと思いますが、個人サイトさんの場合は自宅住所で申し込まれるはずなので、ここが代理公開するになってないと自分の住所が割れてしまうというリスクがあります。
 
この「弊社の情報を代理公開する」という選択肢は、このドメインの所有者の情報として本人のものではなくムームードメインの運営会社さんの情報を表示してくれる、つまり個人登録の際に個人の住所が割れなくなるということなので上手く利用しましょう。
 
ただ、「jp」とか一部のドメインでは住所は代理公開できても登録者名は本人のものが出てしまう(代理公開できない)ものもあるので、そこは注意が必要です。
 
あとは基本的にネットショッピングで何か買うときと同じようにカード情報などを入力して決済すればドメインの取得は完了です。
 
 

取得したドメインはサーバーに設定する必要がある

この記事で紹介するのはドメインの取得まで。
 
ただ、今回のような流れで取得したドメインはサーバーに設定する必要がある、つまり設定ができるサーバーをレンタルする必要があります。それが次の段階でやることです。
 
私は、はじめての方にはまずはとりあえずロリポップというレンタルサーバーサービスをオススメしているので、次回はこのロリポップのレンタル契約をしてドメインを設定する手順を紹介したいと思います。
 
ちなみに今回ムームードメインをオススメした理由は、このロリポップというレンタルサーバーサービスの、要は姉妹サービスで親和性が高く設定が比較的カンタンにできるからでした。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.