iOS11から対応したHEIC画像を超簡単操作でJPEG・PNGに変換してくれるMacアプリ『iMazing HEIC Converter』

更新日:

Mac

iOS11から新しいメディア圧縮形式が採用されており、iPhoneで撮影した画像はHEICという拡張子で保存できるようになっています。
 
仕事柄、よくお客様からお客様のスマホで撮影した写真データを共有して頂くのですが、最近はけっこうこのHEICの画像を共有頂く機会が増えてきています。それだけiPhoneを使っているお客様が多いということですね。
 
さて、このHEICという拡張子の画像、かなり高い圧縮率を誇るようで普通にJPEGよりも画像のファイルサイズが小さく、日々、大量のデータを取り扱わなければならないという観点から言えば非常に使い勝手の良い拡張子なんですが、細々とした不都合もあります。Windowsでは表示できなかったり…。
 
というわけで、今回はこのHEICという拡張子の画像を、超簡単操作(ドラッグアンドドロップだけ)でJPEG・PNGへと変換してくれるMacアプリを紹介したいと思います。無料で使えるアプリです。
 
 

iMazing HEIC Converter

[appbox appstore 1292198261]
 
今回紹介するアプリ『iMazing HEIC Converter』です。Mac App Store(上のリンクから)簡単にインストールすることができます。
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

使い方

使い方は説明を記事に書く必要がないくらいには簡単なのですが、一応ものすごくザックリとだけ使い方も紹介したいと思います。
 
アプリを立ち上げるとこのような画面が表示されます。
 

 
変換する方法は、JPEG・PNGへと変換したいHEICの画像をこの画面にドラッグアンドドロップするだけ。
 

 
HEICの画像を画面にドロップすると上のサンプル画像のように変換後の拡張子(JPEG又はPNG)と保存品質を設定することができるので、設定して「Convert」ボタンをクリックすればOK。やることはこれだけです。
 
 

まとめ

Macだと別にJPEGやPNGに変換しなくても不都合なく使えてしまうのですが、Windowsだと何かとこのままでは不便なので、特に相手がWindows環境しかないとわかっている場合には、今回紹介したiMazing HEIC ConverterでJPEGやPNGに変換してから共有してあげると相手も戸惑うことなくファイルを取り扱えて良いのではないかと思います。

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.