在宅ワークメインの個人事業主「労働時間」と「休み」はどんな感じになってるの?

更新日:

ビジネス

今日は僕みたいな在宅ワークメインで個人事業をやってる人間の「労働時間」について書いてみたいと思います。
 
いまは打ち合わせとか営業以外では外に出ることはなくて、基本的に在宅ワーク(座卓ワーク)です。
 
たま~に、本当にたま~に、息抜きとしてネットカフェに泊まって作業したりすることもあるんですけど、ノマドみたいな感じで移動するよりも家でやってたほうが時間もお金も無駄にしないし、自分は案外、在宅でもタスクはしっかり管理できるほうみたいなので、外で仕事をするということはまずありません。
 
 

個人事業をやるようになってからの働く時間

さて、個人事業主になる前と比べて働いてる時間は果たして短くなったのか?
 
これはもう即答できちゃうんですが、全く短くなってないどころか、むしろ勤めていた時よりも長時間働いてます。しかも休みも収入も少ないです笑(収入に関しては良い時は勤めていた時を上回ることはあるけど、休みに関してはありがたいことに良い時であればあるほど少なくなる)
 
ただ、僕の場合はお店を構えて商売してるわけではないし、基本的には納期との戦い。といっても納期についても、僕はかなり恵まれている方で、いまお付き合いしているお客様は融通効かせてくれる方ばかりなので、週刊誌に連載している漫画家のような締め切りにいつも追われている感じでもありません。
 
そして納期との戦いということは基本的には結果が全て。そこに至るまでの経過を誰かにあーだこーだ言われること(なんで8時間働かないんだ!みたいな働き方自体を誰かに管理されること)もないので、要は完成物の質に変わりさえなければ、どんな時間の使い方をしても良いというのもあります。
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

休み自体は取ろうと思えばいつだって取れる

それでも基本的に全部一人でやっているので案件を掛け持ちする時点で、既に時間的な余裕はなくなってしまうんですが、でも納期というものをクリアできれば休みは本当はいつだって取ることができます。
 
土日の混雑を避けたければ平日に自分の判断で休みを取ることもできるし、今日は気分が乗らないと思えば休むことだってできます。まあ、そんなことで休んでしまうと自分が先々苦しくなってくるので基本的にそういう日はまずないです笑
 
お店を構えて商売している人の場合は臨時休業以外は定休日しか休めないし、個人でやられている方は店を閉めれば閉めるほど稼ぎも悪くなってしまうと思うので、どうしても定休日が少なかったり、なかなか簡単にはお休みを取れないと思います。
 
それと比べれば現在の僕の働き方というのはけっこう自由な時間の使い方ができる働き方だとは思いますし、明日も早く起きて出社しなきゃ!みたいな感覚もないので、精神的な負担が少ないのは事実です。
 
 

個人事業をやっている多くの方はそんな感じなのでは?

しかし、働いてる時間は勤めてた頃よりも圧倒的に長くなっている…。
 
11年前に長期出張という形で沖縄まで立ち上げ業務のお手伝いをしに行ってた時期があるんですが、この時期はひどくて朝6時に会社へ行って朝4時に帰る生活が何ヶ月も続いてたなんてことがありましたが、そういうデスマーチみたいなのは例外なので、普通に勤めてた頃なら1日の労働時間は8~12時間の間くらい。
 
でも、今は平均16時間くらいPCの前で作業してるし、こないだは24時間PCで作業したり、48時間寝られないなんていうこともありました。(決してミサワみたいな不眠自慢じゃないですよ!笑)
 
要は不定休という形を取れるようになった反面、1日の働く時間はグンと長くなってしまったというのが僕の実態です。
 
まあ、でも多分なんですが、個人事業をやってる人の多くはこんな感じなんじゃないかな?とも思ってます。
 
他の事業主さんが1日平均何時間働いてるか?とかはあんまり他の人からそういう話を聞いたことがないのでハッキリとはわからないんですが、きっと勤めていた頃よりも長時間働いてるという人の方が多いんじゃないですかね。
 
本人から直接聞いたことはないけど、でも僕と同じような働き方をしてる知り合いは、それこそ休みなんてほとんど取れてないようだし、1日の労働時間も僕が知ってる限りでも相当長い。
 
だからよっぽど儲かってるとか、自分で天井を決めててこれ以上は良いやという人や、よほど余裕がある人以外は基本的に周りが思ってるほど休めてたり短時間労働ってわけでもないと思います。
 
特に立ち上げてすぐの頃なんかは固定案件みたいなものもほとんどないし、時間を無駄にしたくないという一心で、案件に費やす時間以外もいろんな部分の整備に時間を費やしたりするだろうし、実際そのくらいやらないとなかなか浮かび上がれないですからね。
 
なので、自分の時間を確保したい・休みがたくさん欲しいという理由から個人事業をやろうと思ってる人は、この現実と直面した時にけっこうツライかもしれません笑
 
 

まとめ

もちろん「自由」は「自由」なので(と言ってもお客様との付き合いもあるので完全に自由とまではいかないけど)何かに縛られて、誰かに指示されて、与えられた仕事を黙々とこなすという感じでもなくなりますし、そもそも自分が好きでやっていることであれば、例え労働時間が伸長しようが大したことないと感じるんじゃないかって僕は思いますが(少なくとも僕はそう)働く時間自体は勤めていた頃よりも長くなるというのが個人事業主の現実なんじゃないかなあと。
 
とは言っても、労働時間が長いことについては決してドヤってすることでもなければ改善していくべきところだと思いますし、僕の場合はもう少し削れそうな余地もありそうなんですけどね。
 
昼間はけっこうお客様とのやりとりが多くて、その間はなかなか作業が捗らないこともあるので、どうしても集中して作業に費やすのが夜間の時間帯になってしまうという、これは僕自身がまだまだ時間の使い方や脳の切り替え方が下手くそなことが起因してるので、こういうところは常に改良を加えていかないといけないなと思ってます。
 
以上、今回は在宅ワークメインで個人事業をやっている僕みたいな人間の「労働時間」について、思ったことをザックリとスマホで書き殴ったものを記事にしてみました。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.