BIGBOX東大和ななかまどで食べられる喜多方ラーメンのコスパが良好

更新日:

ラーメン

僕はラーメンが大好きで、実はあるハンドルネームで1年ほど運営しているブログでもよくラーメンの記事を書いております笑
 
今回は西武拝島線(西武新宿線)の東大和市駅前BIGBOXで食べられる喜多方ラーメンのことについて書きたいと思います。
 
 

BIGBOX東大和ななかまど

リンク:和食 ななかまど | BIGBOX東大和
 
BIGBOXといえば、高田馬場をよく使う方なら西武線沿いに住んでなくてもご存知かと思いますが高田馬場の駅前にもありますね。ここ東大和市駅のBIGBOXは高田馬場のと比べれば規模は小さいんですが1Fにはゲームセンター、そしてアイススケートリンクなどもあり、今回紹介する『和食 ななかまど』も1Fに入っています。
 

関連ランキング:割烹・小料理 | 東大和市駅

 

 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

喜多方ラーメン650円

お店の規模というかコンセプトを言葉で表現すると『和食をテーマにしたファミリーレストラン』という感じでしょうか。ななかまどさんは基本的にテーブル席ですが、価格帯の雰囲気的には藍屋さんとかに似ている感じです。
 

 
この日はランチの時間帯に入店しましたが、メニューの構成・価格は大体こんな感じです。
 

 
釜飯も美味しそうですよね!しかし私は、この外にものぼりが立っている
 

 
喜多方ラーメン(税込み650円)を戴くことにしました!
 

 
 

アッサリしていて食べやすい

ハンドルネームを使って書いているブログでは、既にこのネタを何度もお披露目しているのですが、私はラーメンが大好きな割には胃があまり油っこいものに強いタイプではないので、あまりにもコッテリしたスープを戴くとすぐに体調が悪くなってしまいます。
 
喜多方ラーメンは基本的にあれだけチャーシューが乗っかっている割にはスープがアッサリしていて、私の中では非常に食べやすいラーメンのジャンルだと考えていますが、ここななかまどさんの喜多方ラーメンも非常にアッサリ・サッパリしていて食べやすいです。
 

 

 
これも喜多方ラーメンというジャンルにおいてはデファクトスタンダードですが、麺は一般的なラーメンの麺よりも少し太めで基本的に細い麺よりも太い麺を好んでいる私にとってはありがたい仕様となっています。
 

 
スープのアッサリ感、そして麺のゆで具合やコシは650円という価格において十分に及第点と言えます。そしてチャーシューもちょうど良い硬さとプリプリ感で非常に食べやすいです。
 

 
ちなみにライスが無料でついてきます。
 

 
 

夏はビアガーデンもやってる

魅力としては他のメニューと比べて割安という点もあるんですが、でも純粋にラーメンの味という部分をみても十分に美味しく食べられる喜多方ラーメンというジャンルの良さがしっかり引き出せていると思います。
 
このななかまどさん、夏は店前でビアガーデンもやっています。去年の夏に一回言ったことがありますがツマミにしたハムやチーズがけっこう美味しくてビールがかなり進んだ記憶があります(笑)
 
店中には東大和市のゆるキャラである『うまべぇ』も!
 

 
うまべぇというのは確かうまかんべぇ~からきていたと思います。うまかんべぇ~というのは美味しいからどうぞ召し上がれというおもてなしの意味を含んだ言葉で、確か多摩弁ですね!ここ東大和市のお隣さんである東村山市のゆるキャラ『ひがっしー』もうまかんべぇ~という言葉を使っています。
 
最後に話が逸れてしまいましたが、このななかまどさんの喜多方ラーメンはオススメです!もちろん釜飯とかもきっとイケるんでしょうけど、私はまだ食べたことがないので次回は釜飯チャレンジしてみたいと思います。

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.