MacのPowerPointでスライドに動画を挿入したプレゼンテーションを動画として保存すると挿入した動画が再生されない

更新日:

PowerPoint

ちょっと意味のわからないタイトルになってしまいましたが、今回はWindows版のパワポとMac版のパワポの機能差異について書きたいと思います。
 
PowerPointで出来ること(やろうとすれば出来ること)は非常に多岐にわたります。会議・プレゼンで使用するスライドショーの作成はもちろんのこと、ポスター・フライヤーの作成、画像編集、そして動画の編集まですることができます。
 
今回はPowerPointを使って動画編集する際の「Windowsではできて」「Macではできないこと」を紹介したいと思います。
 
 

PowerPointのプレゼンテーションファイルは動画として保存することができる

この記事で使うサンプル画像はWindows版のパワポのものを使います。さて、パワポで作成したスライドショーは通常「.pptx」ファイルとして保存することがほとんどかと思います。「.pptx」ファイルとはPowerPoint 2007以降のバージョンから採用されているPowerPointのプレゼンテーションファイルの拡張子です。
 
ただ、最近ではパワポで作成したスライドショーを例えばYouTubeに公開してウェビナー(ウェブセミナー)のようなことをやりたいといった要望も増えているかと思います。動画として情報共有できたほうがファイル自体の受け渡しがなくなり便利といった側面もあるかと思います。
 
PowerPointはそういったニーズにも応えられるようにできていて、2010以降のバージョンからはパワポで作成したスライドショーを動画ファイル(.mp4や.wmvといった拡張子)として保存することができます。
 

 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

Windows版のパワポならスライドに挿入した動画が自動再生される

パワポで作成したスライドショーに動画を挿入したい時もあるかと思います。パワポではスライドに挿入した動画を「アニメーションの設定」から再生のタイミングを設定すれば、自分の好きなタイミングで自動的に再生されるような作り込みにすることもできます。
 

 
この設定したタイミングはプレゼンテーションを動画として保存しても引き継がれます。なので、この機能を応用してパワポを純粋に動画編集ソフトとして使うこともできます。例えば、以下の動画はパワポだけで元動画を編集して制作してみたものです。
 


撮影協力: 愛知県岡崎市の整体院『柔YAWARA』様
 
PowerPointの豊富なアニメーション機能・編集機能を使えば、このようにテロップの編集から画面切り替えまでパワポ1つでも十分に動画編集をすることができます。
 
 

MacのPowerPointではプレゼンテーションを動画として保存した時、スライドに挿入した動画が再生されない

さて、ここからがこの記事の本題です。今回はWindows版ではできてMac版ではできないことの紹介です。Windows版のパワポでは上記の通り、スライドに挿入した動画はプレゼンテーションを動画として保存した際に自分の設定したタイミングで自動再生されます。
 
しかし、Macのパワポで全く同じ編集をしてみたところ、スライドに挿入した動画は全く動きませんでした。当然Mac単体で再生できる動画ファイルを使用して編集しましたが、全く動かないので動画ファイルをiMovieなどで再変換し直すといった工程を含めても状況は改善せず。
 
結論としてはこういうことでした。
 
別のファイル形式として、PowerPoint for Mac のプレゼンテーションをエクスポートします。
 
上にリンクを貼ったマイクロソフトさんの技術情報にはこのように記載されています。
 

 
ということで、結論を言ってしまえばMac版のPowerPointではプレゼンテーションファイルを動画として保存すると、埋め込んだメディアファイル(動画や音声ファイル)は再生されなくなるみたいです。
 
ちなみにこれは余談ですが、この件は念のため仕様かどうか?を確認したかったのでマイクロソフトさんにも問い合わせてみたのですが、非常にアバウトな回答で解決に至りませんでした。なので、上に貼った技術情報はマイクロソフトさんのサポートエンジニアさんから教えてもらったものではなく、折返しの連絡を待つ間に元同僚で元サポートエンジニアだった方に質問してみたところ、約1分で上記の技術情報のURLを送ってきてくれたものです!さすが!笑
 
 

まとめ

そんなわけで、パワポを使って動画編集するというのは非常に手軽な手段なんですが、残念ながらMacではパワポだけで編集することができません。有料のソフトを使わない前提で方法を考えると、iMovieを使うか、あとはKeynoteであればプレゼンテーションを動画として保存してもスライドに挿入した動画がちゃんと再生されるので(確認済みです!)、Keynoteを使って動画編集をするといったところでしょうか。
 
技術的に難しいことなのかもしれませんが、できればWindows版で出来ることはMac版でもできるように、差異は無くしていってもらいたいな~なんて思ったり。

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.