1年間YouTubeで健康情報を発信し続けた岡崎市の『柔YAWARA』さんに発信することのメリットや苦労をまとめてインタビュー

投稿日:

ビジネス

愛知県岡崎市にある整体院『柔YAWARA』さん。僕はもう一年半くらい一緒にお仕事させて頂いておりまして、このブログでも何度も登場して頂いてます。そんな柔YAWARAさんは別にYouTuberという感覚でYouTubeをやってるわけでは全くないんですが、1年間YouTubeで定期的に健康情報を発信することを続けてきたので、整体師YouTuberさんと言ってもまあ間違ってはいないと思います笑
 
さて、YouTubeの動画に広告が貼れる状態にするには現行の要件だと「過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上」「チャンネル登録者数1,000人以上」というパフォーマンスが必要になり、正直なところブログに広告を貼ることよりも敷居がだいぶ高いです。そこまでいくのに1年くらいはかかるという話をよく耳にしましたが、実際のところ、この要件を満たすまでに1年くらいは本当にかかりました。
 
あくまでも柔YAWARAさんがYouTubeをやる理由はご自身の事業を良くしていくため、そして来店できない人にも健康情報を発信していきたいという想いも強くて、だからユーチューバーとしてYouTubeで稼ごうということでは決してないんですが、でも続けるならもちろん目に見える目標が複数あったほうがモチベーションも維持しやすいですし、運営コストもかかっているのでそれが今後賄えることはもちろん良いことです。
 
つい先日、ようやくこの要件を柔YAWARAさんのチャンネルが満たしたので、今回はその記念として1年間YouTubeで発信を続けてきた中で感じた苦労やメリット・良かったこと、いろんな話をまとめてインタビューしてみました。
 
 

動画で発信し続ける中で一番苦しかったことは?

でーさん
長尾さんと一緒にブログだけではなくYouTubeも情報発信に活用し始めて、もう大体1年が経ちました。そして、先日ようやく1つの目標にしていたチャンネル登録者数1,000人も越えまして、まずはおめでとうございます!今回はYouTubeでの発信についていろいろお聞きしたいと思っています。
 
 
長尾さん
ありがとうございます!1年は早いですね!1,000人到達するまでは中々大変でしたね。
 
 
でーさん
本当ですね!長尾さんの根性が物を言ったと思いますが、ズバリお聞きします。1年間YouTubeを続けてきて一番苦しかったことは何でしょうか?
 
 
長尾さん
一番辛かったのは、施術の間に動画を撮るということですね。施術モードに入るとどうしてもそこから切り替えるのが大変でして…。またお世辞にもおしゃべり上手ではないので、1人喋りするのが大変でしたね!
 
 
でーさん
確かに今だから言えますが最初はカチコチでしたよね笑 ただ、それは長尾さんに限らず僕もそうですし、もちろん他の方もそうなんですが、最初はカメラの前で話すと大抵の場合は皆さんカチコチですよね。長尾さんは1年間で飛躍的に上手くなったと思うんですが、そういう練習とかはされたんですか?
 
 
長尾さん
練習というよりか撮った動画を見返して、これは恥ずかしいなと思ったら次の動画で修正をするというのを繰り返したら、今のスタイルになりましたね笑
 
 
でーさん
確かに回を重ねるごとに良いか悪いかは別としても自然な感じで話せるようになっていきましたよね。撮影機材は始めた頃からずっと同じですか?
 
 
長尾さん
最初はiPhoneで撮影していたのですが、光の加減とか調整する関係で妻のミラーレスを拝借して撮るようになりました!
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

YouTubeを始めたことでお店の運営に変化は?

でーさん
やはり1年くらいやってるとそういった細かい変化が必ずあるというわけですね。またまたズバリお聞きします!YouTubeをやる前とやった後、お店の運営には何か変化ありましたでしょうか?
 
 
長尾さん
普段自分がどんな感じで話しているなんて見ないので、動画を撮影する事によって、患者様に説明する時の自信が増しましたね。昔はヘラヘラしていた気がしますが、いまは自信を持って説明しているので、ご新規様のリピート率はあがりましたね。
 
 
でーさん
僕も昔、コールセンターで働いてたのでその時に鍛えられましたが、最初は自分の声を音声として聞く事自体がものすごく恥ずかしかったんじゃないかなと思います。そういう羞恥心が消えていくにつれ、自然と話すスキルみたいなのも上がっていく気がしますよね。そういえば、来店されるお客様も動画観てたりするんでしょうか?
 
 
長尾さん
たしかに羞恥心を克服するとかなり感覚が変わりますね!来店されるお客様も動画は見られますよ!特にケア後のセルフケアでわからなくなった時に活用されているようです!
 
 
でーさん
そうすると、実際の店舗運営においても大いに役立っているということですね!そういった部分以外でもYouTubeを続けていく中でどのように店舗の運営と結びつけていきたいとお考えでしたでしょうか?
 
 
長尾さん
動画は自分を前面にPRすることができるので、ご新規様にとっては「入ってみないとどんなお店なのかわからない」という不透明な部分を解消してくれると感じております。また既存のお客様には、私がいなくてもセルフケアなどを勝手に伝えてくれるツールとして活用でき、顧客満足度の向上が期待できると思います。
 
 
でーさん
つまり新規集客に繋がる側面、そして既存のお客様へのアフタフォローを兼ねる側面があるということですね。実際にYouTubeがあったことで柔YAWARAという存在を知り、そこから来店に繋がったといったケースや、或いはセルフケアの動画が充実していることがキッカケでリピートしてくれるお客様もいるんでしょうか?
 
 
長尾さん
ご新規様のご来店は主に公式サイトやメディアをみてこられる人が多いのですが、決め手はやはり動画ではないでしょうか?こんな人がやっているんだという安心感があったから来たと言う人は確実にいます。セルフケアに関しても、動画で説明していないケアの方法で自分に必要なものを教えてくれと言った感じでリピートされる方はいますよ!
 
 
でーさん
柔YAWARAの動画は長尾さん自身が映像の中で解説していることはもちろん、店内で撮影されてますから、正直なところホームページの店内写真のようなものを見るよりも、遥かに効率よくお店やどんな人が施術してくれるのか?といったイメージを掴めますよね。
 
 
長尾さん
そうですね。言語を覚えるときもそうだと思いますが、映像による視覚化だけでなく聴覚による刺激が入る事でよりイメージがしやすくなるかと思います!
 
 

ずっとやってるとネタ切れ起きませんか?

でーさん
これまでにアップしてきた動画は100本以上、そして過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上、いや6,000時間以上はありますから、そう考えるとYouTubeで収益をあげる云々は抜きにしても、すごく良い宣伝効果になってるんじゃないかなって思います。アップした動画が100本以上と切り出したことで思ったんですが、動画のネタって困ることはないですか?
 
 
長尾さん
動画のネタに関しては、ブログで書いたネタを解説するものやお客様が質問されたことに対してアンサーするみたいな形で作っていたのでネタには困りませんでしたね。むしろ無限にあるんではないでしょうか?
 
 
でーさん
そこが先行してブログをやっていたこと、なおかつブログで「有益な情報を発信する」ことにこだわっていたことの優位性かもしれませんね。それこそYouTuberとして頑張ってる若い人たちとかは発想も豊かで、それに加えてかなり研究もしているだろうし、そういう人たちならネタに困らないのかもしれませんが、僕が動画の運営をお手伝いしてきたお客様の多くは「ネタ作り」に困ることが基本的には多いです。
 
 
長尾さん
変な話、動画なので、記事以上になんでもネタにできると思います!困っている人や楽しみたい人を想像して、その人に対して作ればいいだけですかね!
 
 
でーさん
そうなんですよね。役に立つか?面白いか?どっちかをゴールにしてネタをイメージすると良いですよって僕もよくお客様にはお伝えするんですが、どうしても「宣伝したい」という助平根性みたいなものが邪魔をしてしまうのかもしれませんね。その点、柔YAWARAの動画は開設当初から一貫してブレがないなあって思うんですが、動画自体の構成「入りから終い」までについてもブレなくフォーマットがしっかりしていますが、あのスタイルはいつ頃から確立されたんでしょうか?
 
 
長尾さん
あのスタイルはいつ頃からでしょうね?いつのまにかそうなっていましたね!笑 最初はブログ形式で台本作って喋っていましたね。慣れてきたら、起承転結を意識するように撮影していました!
 
 
でーさん
僕はあれが良いと思ってます。何度も同じフォーマットで配信してれば日曜日18時のちびまる子ちゃん的に定着してくる部分もあると思いますし。導入がない中で突発的に動画が始まると何の動画なのか?よくわからないので、僕なんかはけっこうすぐ離脱しちゃうほうです。ああやって最初にこの動画のテーマを示してくれると、観るための体勢がしっかり作れるので観やすいというのは確実にあると思います。
 
 
長尾さん
そうですね!はじめになんの動画であるのかは伝えるように心がけてました!パターン化すれば撮る自分も楽ですしね!
 
 
でーさん
運用が楽になるようにしていくということも大事な工夫ですよね!それにしても1つの目標であった4,000時間以上再生、そして1000人越え、本当におめでとうございます!それが全ての目的ではないにしても達成しないより達成できたほうがいいですもんね。
 
 
長尾さん
ありがとうございます!続けていくことの大切さを学びましたね!凡人の私でも1000人登録されることが実証できしまた!まだまだ道半ばですけどね笑
 
 

まとめ

これからYouTuberやりたいって人はやはりマネタイズの部分に興味があるんじゃないかな?って思うので書きますが、実際にYouTubeをしっかりやってみるとわかるんですが、YPP参加要件である「過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上」「チャンネル登録者数1,000人以上」という数字はなかなか大変です。
 
柔YAWARAさんの場合は店舗ブログが月間50万PVあったので、YouTube上だけではなくブログ上で何千時間も再生されたということが大きかったんですが、それがもしなかったとしたら過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上という数字もけっこうエグいし、チャンネル登録1,000人以上っていうのが普通にエグくて、確か国内のチャンネルで1,000人以上が登録してるのは全体の11%くらいしかいないとか?
 
ちなみにYouTubeのユーザー数は国内で5000万人と言われてます。(もちろん全てのユーザーがチャンネルを開設しているわけではないんですが)Facebookやツイッターの国内ユーザー数が2000万人くらいだったはずなのでYouTubeの巨大さがわかりますよね。
 
1年間、僕もドップリお手伝いをしてきて、改めてYouTuberとして頑張ってる人たちの大変さもわかった部分があります(ただただ炎上させる系とかモラルがない系のチャンネルは確かにあるけど、そういうのは置いといて、真剣にやってたら間違いなく楽しいとか面白いってだけじゃないよね)
 
そして、柔YAWARAさんのような個人で運営しているお店はどんな人なのか?それをわかりやすく発信していったほうが間違いなく集客に繋がりますよね。ブログ(サイト)での発信にはもちろんそれはそれで良さがあるんですが、やっぱり記事よりも映像のほうが印象付けという部分では強い!それに編集とかに拘らなければ同じ情報量の発信をする前提で比べたら、動画の方が短時間でアウトプットできちゃうかもしれないですしね。
 
最後に今回のインタビューにご協力頂いた『柔YAWARA』代表の長尾さんに全く別のこと(ランニングのこと笑)でインタビューさせてもらった時の動画を貼っておきますね。これ観てからこの記事読んだほうが今回のインタビューもイメージしやすかったかもしれませんね(だから冒頭に貼っておけば良かった笑)



健康増進メディア『柔 YAWARA』|愛知県岡崎市で理学療法士が立ち上げた整体院が運営するメディア

愛知県岡崎市で理学療法士が肩こり・腰痛・四十肩・膝の痛みに特化した本格的なお身体のケアを提供する整体院が運営する健康増進情報発信メディア...

表示する

 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.