「昔ながら」を感じることができる安定の味!武蔵村山『大勝軒』の中華そば

更新日:

ラーメン

武蔵村山にはイオンモールがあるので時々行くんですが、運動不足解消のために、そして武蔵村山には電車がないので(バスはありますが)自転車で行ってます。
 
さて、新宿方面から新青梅街道をひたすらまっすぐ武蔵村山方面へと進むと、イオンモールからそこまで遠くないところに東池袋系大勝軒さんの武蔵村山店があります。
 
そういえば、前に来たのは大体1年前くらい、以前ハンドルネームでやっていたブログでも記事にして紹介しているお店とラーメンなんですが、今回改めて紹介したいと思います。
 
 

武蔵村山 大勝軒

ここ武蔵村山の大勝軒さんは恐らく大勝軒と名のあるラーメン屋さんの中で最も有名な「東池袋系」の大勝軒さんです。
 
他にも、「永福系」(ここは東池袋系とは全く関係ない)大勝軒さんや「中野系(代々木上原系統)」大勝軒さんなどもあります。なんか…書くことで逆にややこしくなってしまいましたね笑
 

関連ランキング:つけ麺 | 上北台駅

 
基本的に最寄り駅という最寄り駅はないので(あええ最寄り駅を上げたとしても徒歩で何十分もかかるところです)、車で行くか自転車で行くかジョギングで行くか…立地はそんな感じのところです(^_^;)
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

武蔵村山大勝軒さんのラーメン実食

辛味とかもあるんですが、ザックリ言うと麺類の種類は「中華そば(ラーメン)」か「もりそば(つけ麺)」というシンプルな構成になっています。
 
私はサッと入ってパッと選ぶ派なので、メニューについては集中と選択がなされているほうが好みだったりしますので良いですね!
 
「昔ながら」という味わいが楽しめる面でもちょっと似てるんですが、「青葉」さんなんかもこの形式なので私は好きです。
 

 
さて、今回チョイスしたのはオーソドックスに並の中華そば700円になります。
 
ちなみにここのお店では東池袋系大勝軒の創始者「山岸一雄」氏の味に最大限似せたクラシックという仕様にもできるようですね。それにすれば良かったんですが、食べてからそのことを知りました笑
 

 
どちらにしても提供されてくるラーメンは、どちらかと言えばラーメンの教科書に出てきそうな、決して華美ではない古典的な一杯です。私、家系ラーメンのような濃厚なのも好きですが、こういう昔ながらのラーメンが好きです!
 

 
スープは煮干しの味が効いてる、超濃厚ではないですがしっかりパンチのあるお味、もちろん決して薄味ではないです。非常に良い塩梅の味わいで良いです。
 

 
麺は普通よりもちょっと太いくらいでコシがしっかりあります。茹で具合もちょうど良いくらいの感じで提供されました。このスープにこの麺、とても合ってますね。
 
普通に並の中華そばをいただいても量はけっこうあります。私としてはこれ一杯食べればライスはなくても良さそうなくらいにはラーメンのボリュームもしっかりしています。
 
 

まとめ

これで来たのは3回目。純粋にイオンモールの方へ行く機会がそこまでないので、1年くらい間隔が開いてしまいましたが、もっともっと家の方に近ければ…多分もっともっと食べに行ってます!
 
普通に美味しいし、いつ食べても安定の味わいで非常に良いです。
 
今回改めて食べてみて、やっぱり美味しかったので4回目はイオンモールで買い物がてら近いうちに行ってみようかなと思ってます!

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.