画像圧縮に便利なTinyPNGがデスクトップ上で使えるtinyPNGAppの使い方

投稿日:

アプリ

ブログをやっている人はページの高速化にも力を入れているはずなので何かしらの画像圧縮を使っているかと思いますが、中でもこの『TinyPNG』は有名なんじゃないかと思います。
 

 
上の画像にも注釈を入れておきましたが、画像の圧縮手順は非常に簡単。上記のTinyPNGサイトにアクセスして画像をドロップするだけで容量を圧縮してくれます。
 
あとは圧縮した画像名の右側に表示される「download」をクリックして、ご自身の端末に保存するだけで作業完了なんですが。
 

 
正直この作業すら面倒だなって思う時もけっこうあって笑
 
記事で使う画像の多くはその記事で使う一回ポッキリってことが非常に多いので、できれば元の画像に上書きしちゃいたい。
 
今回はそんな時に使えるデスクトップ用のアプリ『tinyPNGApp』の使い方を紹介したいと思います。TinyPNGサイトにアクセスしてやってる作業が(画像圧縮の作業)そのままデスクトップ上で出来て、しかも元の画像に対して上書きで保存することもできます。
 
 

tinyPNGAppのダウンロード

まずはアプリ本体をダウンロードしてくる必要があるので『TinyPNG』サイトにアクセスします。そしてページ上部にある「THIRD-PARTY」をクリックします。
 

 
THIRD-PARTYのページにアクセスしたら下の方にスクロールしていくと「tinyPNG.App」というのがあるので、これの「Go to add-on」というボタンをクリックします。
 

 
すると、別サイトにアクセスすることになります。
 

 
ページの下のほうにいくとダウンロードボタンがあります。WindowsもMacも対応しているアプリですが、今回はWindowsで使用する前提で進めていくのでWindowsのほうのダウンロードボタンをクリックします。
 

 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

tinyPNGAppのセットアップ

ZIPファイルがダウンロードされますので、完了後、ZIPを解凍してフォルダ内の「tinyPNGApp.exe」を実行します。
 

 
実行した時に「SmartScreen」のメッセージが表示されるかもしれませんが、これが表示されても「実行」をクリックして作業を進めていきます。そして、アプリが立ち上がるとまずはAPI Keyの入力を求められますので、その下に表示されているリンクから(下図の赤枠部分)からTinyPNGサイトにアクセスしてAPIキーを取得します。
 

 
アクセスすると名前とメールアドレスを入力するページが表示されるので、入力して「Get your API Key」をクリックします。
 

 
入力したメールアドレス宛にTinyPNGからメールが届くので、メールの中にある「Visit your dashboard」ボタンをクリックします。
 

 
メール内のリンクボタンをクリックするとAPIキーが書かれているページにジャンプするので、書かれているAPIキーをコピーして先ほどのアプリ画面に戻り、APIキーを貼り付けます。
 

 
 

tinyPNGAppの使い方

以上の作業でTinyPNGがデスクトップ上でも使えるようになります。ただ、注意点としては1つのAPIにつき月間500枚までの処理、あとはオフラインだと使用することができません。
 
使い方自体は非常に簡単で、圧縮したい画像をアプリの画面上にドロップするだけ。
 

 
その際、デフォルトでは元画像と同じディレクトリに圧縮後の画像が自動保存されますが、アプリ画面下にある「Overwrite Original」にチェックが入っていれば、元画像に対して自動で上書き保存されるようになります。
 

 
以上がTinyPNGをサイトにアクセスせず、デスクトップで使用するための手順です。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.