【耳鼻科へ行くのがオススメ】10年ぶりに発症した扁桃腺炎でガッツリ熱が出てガッツリ寝込んだ話。

更新日:

雑記

ムサシノウェブの中の人である私「でーさん」は扁桃腺炎という持病を持っています。が、しかし、ここ10年くらいは発症することがなかったので…あの地獄の苦しみ…人間は唾をずっと口には溜め込んでいられないこと、すんなりと食べ物や飲み物が喉を通っていくありがたみを思い出しました(;´Д`)
 
今回の記事は全然ウェブとかITとかテクノロジーには関係のないことなんですが、あまりにも苦しみ、そして散々ネットで扁桃腺炎についても検索して再び知識をつけた?ので、憎き扁桃腺炎について大いに語ってやろうではないかと思います。
 
さて、今この記事を読んでいる人が考えていることはどんなことでしょう?私が思うに…病院へは極力行きたくない人が素人療法で治そうとして様々な検索をした結果、この記事にたどり着いているのではないかと思います。
 
もし、いま喉がものすごく痛い方に対して私がお伝えできる答えは明白です。トリッキーな対処方法は結局のところはないと思いますので、今が平日の日中ならば迷うことなくお医者さんへ行きましょう!休日だとしたら休診をやっているお医者さんを探しましょう!
 
この記事では、「即解決」といったTIPSの紹介ではなく(それはお医者さんにかかるしかないです)じっくりと私と扁桃腺炎の関係性から今回見た地獄までゆっくり語りつくそうと思っています。
 
 

初めて扁桃腺炎になったのは?

そもそも扁桃腺はまだ身体の免疫機能が未熟な子供にとって重要な部分で、最近やウイルスから身体を守るという重要な役割を担っていると言われています。大人にとってはそこまで重要な部位ではないとも言えますが、そんなこともあって小学校低学年くらいまではよく扁桃腺を腫らしてしまうお子さんも多いそうです。
 
ただ、私の場合は子供の時に扁桃腺を腫らしたことというのが一切なくて、耳鼻科にかかったのもそれまでは人生で一回だけ。たしか中耳炎か何かで朝起きたら耳がとてつもなく痛いという日が小学校二年生くらいの時にあり、その時に行ったきりでした。
 
そんな私が初めて扁桃腺を腫らしたのは20代前半の頃でした。ある日、突然右耳が痛くなって…子供の時のように中耳炎かな?と放っておいたのですが、一向に良くならないどころか段々と喉まで痛くなり、そしていつしか唾も飲み込めなくなるほど痛くなり、救急相談センターに電話して近所の休日診療をやっている耳鼻科に駆け込んだということがありました。
 
その時に調べて知ったことですが、扁桃腺炎というと子供がよくなるイメージというのがどこかあるようですが、実はけっこう成人してから私のように突然発症するケースというのも少なくないそうなんです。
 
 

多摩地区や愛知でウェブ運営・動画配信のサポートをお探しなら【ムサシノウェブ】

一度腫らしてしまうと頻繁に起こる

扁桃腺炎の厄介なところは、一度でも腫らしてしまうと癖になってしまうということです。その扁桃腺炎が細菌によるものなのか?ウイルスによるものなのか?にもよりますが、細菌によるものであればお医者さんへかかり抗生物質などを処方されることで案外すぐに痛みはひきます(少なくとも私の場合は)ただ、痛みが引いたからといって活動レベルを通常状態に戻してしまうとすぐにぶり返してしまいます。
 
本当に何度もぶり返しの地獄へ逆戻りパターンを体験しています。今回腫らしてしまった時も10年間発症していませんでしたから、スッカリ地獄の味を忘れてしまい、ちょっと痛みがひいたらすぐに活動レベルを戻したら…案の定…ガッツリぶり返しの刑を受けました。
 
一度でも腫らしてしまうと、ちょっとした疲労や不摂生に対して扁桃腺がすごく敏感になります。すぐに喉奥に違和感が出るような体質になります。
 
 

主な症状

まず不慣れな段階では高熱が出るのでそれが辛いです。それこそ40度近く熱が出るので身体が動かなくなります。そして唾を飲むだけでも喉の奥を1000本の針で刺してるんじゃないか?というくらいの痛みが襲ってきます。リンパが腫れ首筋はパンパンになり、耳まで痛くなります。
 
そして喉がそんな状態ですから飲まず食わずの期間が続き、特に脱水症状が怖いです。また免疫低下が炎症の原因なのに栄養がとれない(痛みで睡眠もロクにとれないため)免疫が改善せず一向に状態が上向きになりません。更にひどいパターン(我慢して自然治癒しようとすると)喉が腫れで塞がってしまい呼吸困難に陥ります。
 
また、さすがに私もここまではなったことはありませんが、基本的に免疫低下が根幹原因ですから、肺炎や腎臓の障害など合併症を引き起こしやすくなるのも扁桃腺炎の特徴です。つまり、放置しているとけっこう命に関わる問題になる可能性が高いということです。
 
扁桃腺炎自体に慣れてくると高熱はあまり気にならなくなる、高熱でも活動できる微妙な体質へと変わりますが、結局のところは身体にとんでもない負担をかけていることになるので危険です。
 
 

扁桃腺炎の原因は?

根幹原因となっているのは免疫低下です。したがって疲れや不摂生にはものすごく敏感です。徹夜続き、暴飲暴食(特にお酒)やタバコの吸いすぎなどで一度でも腫らしてしまった経験のある方は簡単に腫れあがってきます。
 
逆に言えば予防する方法は「睡眠をしっかりとること」「栄養をしっかりとること」「酒やタバコを控えること」「働きすぎないこと」「遊びすぎないこと」と至ってシンプルです。
 
 

扁桃腺炎になってしまったら?

「様子を見る」という時間が無駄になることがほとんどです。その痛みが扁桃腺炎とわかったからにはとりあえずすぐにでもお医者さんへかかることを強くオススメします。私は今まで何度も自然治癒させようと無駄な時間を費やしてきましたが、自然治癒には時間がかかりますし、その間の高熱や喉・耳の痛みという地獄に勝つことは非常に難儀で最終的にはお医者さんへかかっています。
 
基本的に抗生物質が効く細菌性の扁桃腺炎ならお医者さんへかかって1日くらい、処方されたお薬を3ターンくらい飲むことでかなり症状は緩和されますから、本当に「様子を見る」時間というのは無駄以外の何ものでもありません。
 
扁桃腺炎だと思ったらすぐにお医者さんへかかる
 
これは本当に本当に鉄則だと思います。ちなみに唾を飲むと喉が痛いor違和感がある、加えて耳がキンキンと痛むという場合はほぼ扁桃腺に何らかの問題を抱えていると考えて良いのではないかと思います。
 
かかるお医者さんは絶対に「耳鼻科(耳鼻咽喉科)」さんがオススメです!内科さんでも診てはくれますしお薬も出してくれますが、私はかつて救急指定の総合病院に駆け込んだ時に内科さんで診てもらいましたが、めちゃくちゃ痛い鼻カメラをいきなりぶっ刺されるわ、あまり効果の感じない点滴を1時間も打たれるわ、そしてトドメに処方されたお薬が効かないわで…(鎮痛剤はもちろん効きますが消炎および抗生物質で細菌の繁殖を止めないと根本解決にならないので)結局は後日になって近所の耳鼻科さんでまた診てもらい、内科さんとは違うお薬を処方してもらったということがありました。
 
 

違和感はあるけどお医者さんへかかるほどじゃないと思った時

この発想があまりよろしくないようで、私もこうやって後回しにすることで状況を悪化させてばかりいますから、基本的にちょっとでも悪いと思ったらすぐにお医者さんへかかったほうがいいんです。
 
でも、自分で何とか対処したいと思う人はとにかく症状が表に出る前に生活習慣を改善すること、それからうがいをしっかりすること、あと…残念ながら私は使ってみてあまり効果を感じられませんでしたが、ネットの情報によると本当に「違和感」レベルの時点ならば(痛くなってからでは厳しい)けっこうハレナースとか効くらしいです。(私は体感していないので試す方は本当に自己責任でお願いします)
 
とにかく痛くなる前に自覚することが大切です。違和感のうちならば「しっかり眠る」「飲酒喫煙は控える」「イソジンでしっかりうがいする」などの生活習慣の見直しによって水際で防げることがまあまあ…あります。
 
 

まとめ

ようやく喉の辛さもとれてきて元気になった分も記事に気合を込めてしまいましたが、扁桃腺炎はかかるとけっこう怖い病気です。放っておけば命に関わることも全然ありますし、基本的に自然治癒で治そうとしないほうが良い病気です。
 
億劫でも、病院嫌いでも、とにかく扁桃腺炎を自覚したらすぐにお医者さんへかかること。結果的にそのほうがお金も時間もかからないです。市販薬で騙し騙しやっていると時間もお金もかなりかかります…。
 
かかるお医者さんは私の経験上、本当に耳鼻科さんがオススメですし前述した通り、内科さんでも診てくれるところは診てくれるんですが、深い部分で専門ではないことからハナから耳鼻科に振る内科さんもけっこういます。
 
なると本当に辛いですから、扁桃腺を腫らしやすい人はなるべくお酒とタバコは控えましょう!(私自身に言ってます!w)
 
今回はサイトのメインテーマとは一切関係のないことですが、結局はなんだかんだで一週間くらい苦しめられたので…扁桃腺炎について記事を書いてみました。同じ症状で辛い人のお役に少しでも立てれば何よりです。
 

でーさん
この記事を書いた人 : でーさん

ムサシノウェブというウェブに関連した事業を個人事業主として細々とやってます。趣味は登山!最近の週末は必ず山登りにいきます。主に奥多摩・奥武蔵・奥秩父の低山を日帰り登山しています。その他、ランニングも趣味というか走らないと気持ち悪くなる感じで月間約400kmをのんびり走っています。家系ラーメン大好き、お酒大好き、多摩湖大好き、夕暮れ大好き。最近は撮影にハマっててタイムラプスとRICOH THETAでよく撮ってます!

Copyright© ムサシノウェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.